ダンサーに資格は必要? どんな資格がある?

ダンサーにおすすめの資格は?

ダンサーの職業では、国家資格や公的な資格が存在しません。

そのため、資格がなければ踊れないということはありませんし、実力が何より重視される職業です。

ただし、ダンスの各ジャンルで民間の資格はいくつか存在し、ダンサーとしての活動内容や目指す方向によって資格を取得している人もいます。

これらを持っていると就職やオーディションの際に多少有利になる可能性はあります。

また、こうした資格はダンサーになるうえでは絶対に必要というものではありませんが、もし後進を指導する立場を目指すのであれば、ダンスの基礎知識や体系的な指導方法を身につけている必要があるため、資格取得をきっかけに改めて基礎を振り返り学ぶことにも役立つでしょう。

キッズダンサー資格認定制度

一般社団法人日本キッズダンス協会が認定する資格です。

同法人はキッズダンス、いわゆる子どもが踊るダンスの市場拡大や高度な技能を持つ人材育成を目的に作られた組織です。

現在は中学校の保健体育の授業でもダンスが必修化されたことに伴い、その授業の円滑な運用のサポートも事業領域の一部となっています。

今後はダンスに興味を持つ子どもが増えることが予想され、キッズダンスの指導者を志す人が、自らのスキルアップを兼ねて取得することが多いようです。

参考:日本キッズダンス協会

ストリートダンス検定

一般社団法人ストリートダンス協会が認定する検定試験です。

ヒップホップ、ジャズ、ロックなどジャンル別に試験が実施されており、細かく級が分かれているため、自分の実力を客観的に判断することができます。

また、教えることを目指す人に向けた上級指導者資格の試験も行われています。

参考:ストリートダンス検定

認定ダンス指導員

一般社団法人ダンス教育振興連盟が、認定する資格で、幅広いダンスの指導者を育成することを目的に行っています。

この資格は文部科学省・厚生労働省・スポーツ庁の後援を受けているため、ダンスの資格の中では比較的広く知られています。

認定資格には、認定ダンス指導員・ダンス教育指導士・ダンス療育指導士があります。

参考:一般社団法人ダンス教育振興連盟

インストラクター資格

ダンサーの中には、ジャズダンス・バレエ・ヒップホップやストリートダンスなどをインストラクターとして教える人も少なくありませんが、その際も特に資格は問われないことが多く、先生のアシスタントやサポートから始めてそのままインストラクターとして働くのが一般的なようです。

ただし、ダンスのジャンルや流派によっては認定される資格がある場合もあります。

自分が得意とするダンスはどうなのかをあらかじめ調べておくとよいでしょう。

また、社交ダンスなどでは数多くの民間プロダンスインストラクター資格などがあります。

社交ダンスの資格には報酬を受け取ることのできる「プロ資格」と、ボランティアで教えることのできる「アマチュア資格」がありますが、「プロ資格」は、競技力の向上を目的にプロ競技者が取得するものになっているため、狭き門となっています。