このサイトはボディビルダーを目指す人のための情報サイトです。

ボディビルダーとは?

ボディビルダーは、ボディビルのコンテストに出場して賞金を稼ぐ仕事です。ボディビルダーになるために資格は必要ありませんが、良い成績を残すためには食事管理やトレーニングなど日頃の地道な身体づくりが欠かせず、それなりの収入を得るにはスポンサー契約を結べる企業を見つけて活動する必要があります。ただし、国内はもとより海外のコンテストのほとんどは賞金がさほど高くなく、プロのボディビルダーとして生活している人は世界でもわずか200人程度といわれています。ボディビルはスポーツのなかでもマイナー競技とされており、現実としては、トレーニングジムの経営やトレーナーなど他に本業をもちながら、アマチュアとして活動している人がほとんどです。

ボディビルダーの仕事内容

ボディビルダーの仕事は、ボディビルのコンテストに出場して賞金を稼ぐことです。

コンテストの順位は、審査員による採点によって決まります。採点は、ポーズをとって一つ一つの筋肉の量やバランス、皮下脂肪がなく輪郭の見える筋肉などの美しさを競います。

出場者は、まず予選にあたる「規定ポーズ」で審査され、数名の予選通過者が「フリーポーズ」の審査を受けます。

「フリーポーズ」では、選んだ音楽に合わせて自由なポーズをとります。

コンテストで上位入賞するためには、普段の地道な体作りも大切な仕事です。

ただ、コンテストの賞金額が低く、プロのボディビルダーとして生活している人は世界でも200人程度といわれています。

現実はトレーニングジムの経営やトレーナーなど他に本業をもちながら、アマチュアとして活動している人がほとんどです。

ボディビルダーになるには・必要な資格

プロのボディビルダーになるのに、資格は必要ありません。

自分で「プロ宣言」をすれば、それでプロと名乗れますが、コンテストで稼げる賞金は少なく、それなりの収入を得るにはスポンサー契約をしてくれる企業を見つけなければなりません。

スポンサーを見つけるには、IFBB(国際ボディビルダーズ連盟)の「プロカード」を取得すると有利です。

アマチュアの世界大会で優勝するか、アマチュアとして高い実績を残しJBFF(日本ボディビル・フィットネス連盟)の推薦を受ければ取得は可能です。

プロカードを取得すると、体作りに薬物を使用することもできます。

ただし、最近は副作用の心配がある薬物を使用せず、自然なサプリメントの摂取と日々のトレーニングによって地道に体作りをする「ナチュラルビルダー」と呼ばれるボディビルダーが多くなっています。

ボディビルダーに向いている人

他に本業を持ちつつ、アマチュアのボディビルダーになるのは、その気持ちさえあれば可能でしょう。

しかし、プロのボディビルダーになるには、素質があって、なおかつ、その素質を開花するための努力を続けられる人でなければ難しいです。

同じような食事とトレーニングを続けても、筋肉のつきやすい人とつきにくい人がいます。

筋肉のつきやすいタイプでなければ、プロのコンテストで上位に入るのは厳しいといわれています。

ただ、素質のある人でも、工夫した食事と地道なトレーニングを何年間も続けて、初めてコンテストで上位に残れるような肉体が身につきます。

実際には、素質があっても、さまざまな理由から途中でトレーニングをやめる人が目立ちます。

地道な努力を工夫しながら続けられることも、ボディビルダーになるための大切な資質の一つです。

ボディビルダーの就職状況・雇用形態

プロのボディビルダーとして活躍する山岸秀匡さんは、大学時代の1996年、史上2人目となる全日本学生選手権2連覇を達成して注目されました。

卒業後はスポーツサプリメントのメーカーに就職。営業やフィットネスアドバイザーをしながらボディビルを続けました。

プロ転向後は、アメリカのサプリメントメーカーとスポンサー契約を結んでいたことがあります。

現在はロサンゼルスに住み、俳優やモデル、タレントとしても活動しながらプロのボディビルダーとして活動しています。

ボディビルダーとして活動するには、この山岸さんのように、関連企業で働きながら続けるか、プロとしてスポンサーに資金援助してもらうか、他の仕事をしながら続けるか、いずれかの道が現実的です。

ボディビルダー給料、年収、待遇

ボディビルダーとしての収入だけでプロ活動するのは、ほとんど不可能です。

主な収入源はコンテストの優勝賞金になりますが、国内のコンテストは優勝しても賞金が出ません。体作りに欠かせないプロテインが何缶かもらえるくらいです。

世界最高峰の「ミスターオリンピア」で優勝賞金は20万ドル(約2400万円)出ますが、本場アメリカで開催される大会でも約2万ドル(約240万円)程度です。

日本から出場して入賞しても、渡航費や滞在費、現地でのトレーニング費用などの方が高くつきます。

スポンサーがつけば、それなりの収入は得られるでしょうが、ほとんどの人は他の仕事で稼ぎながら、アマチュアとしてボディビルダーを続けています。

ボディビルダーの生活、勤務時間、休日

ボディビルダーのプロフィールを見ると、体重の欄に「コンテスト95㎏ オフ105㎏」などと2通り記載されています。

コンテストの多い5月~12月と、オフでは体重が違います。オフには筋肉を鍛えて増強すると同時に皮下脂肪も蓄えるので体重が増え、プロレスラーのような体で過ごします。

コンテストが近づくと皮下脂肪を極限まで削ぎ落とし、血液が筋肉に送られて充血した状態にします。

プロになれば、トレーニングの時間はずいぶん取れますが、イベントや取材なども頻繁に入ります。

休日はスケジュールに合わせて自分でとります。本業をもつ人は、自由時間のほとんどをボディビルのために使っており、休日もトレーニングやコンテストでつぶれることが多いです。

ボディビルダーの現状と将来性

現在、日本でボディールダーとして「日本ボディビル・フィットネス連盟」に登録している人は男性で約3100人、女性で約320人です。

日本人でプロとして活動している人はわずかに1人。世界でも200人ほどといわれており、かなりのマイナー競技です。

将来的にも、プロとして活動できる人が増えることは難しいでしょう。しかし、日本にも愛好家は少なくないので、他に本業を持てばボディビルダーとして活動することは可能でしょう。

また、本業をトレーニングジムなどボディビル関連の仕事にすれば、ボディビルダーとして生活することも可能です。

とはいえ、個々人のボディビルダーの目指す方向は時代によって違ってくるため、マイナー競技といえどもトレンドを読む力は必要になります。