ダンサーの求人募集の状況は?

ダンサーの就職先にはどんなところがある?

ダンスのジャンルによっても異なりますが、ダンサーとして働く場合はプロダクションなどに所属する人とフリーランスで活躍する人の2種類に分けられます。

プロダクションなどに所属する場合の例を挙げると、ダンサー事務所・芸能事務所・バレエ団・劇団・ダンススクールやダンススタジオなどがあり、これらに所属することで仕事を得やすくなるでしょう。

ダンサーの就職先は? ダンサーにはどんな種類がある?

ダンサーの求人の状況

ダンサーの求人でわりと積極的な募集が見られるのは、クラブイベントなどで踊るダンサーや、アーティストの後ろで踊るバックダンサーです。

これらは単発の仕事も多いですが、小さな仕事で成果を挙げていくうちに認められて、より大きな仕事がもらえることもあるようです。

アルバイトやフリーランスで働いているうちに、専属ダンサーになるという人もいます。

この世界では人づてに仕事を紹介してもらうケースも多いため、人脈やコネクションも重要なポイントといえるでしょう。

テーマパークなどで踊るダンサーも常に需要がありますが、人気があるため倍率が非常に高くなることと、採用者数も非常に少ないケースがあるため、厳しい分野だといえます。

ショーやミュージカルなどのダンサーを目指す場合は、特定のレッスンを重ねて各団の入団試験を受ける場合が多く、ほかのダンサーの働き方とは少し変わってきます。

一方、ダンス講師やインストラクターの需要は安定していて、近年のダンスブームからも求人が増えています。

ダンスの得意分野があると、自分の強みを生かして仕事を見つけやすいでしょう。

ダンサーの就職先の選び方

ダンサーとして就職を考える場合は、自分がどのようなジャンルで働きたいかを考える必要があります。

たとえプロダクションやダンススタジオと契約できたとしても、自分の得意のダンスを生かすことができなければ仕事を続けるのは難しいでしょう。

自分の得意分野を知り、それを生かした働き方ができるところを探すようにしましょう。

ダンサーの志望動機・面接

ダンサーのオーディションでは、ダンスの審査のほかに面接試験が行われることが多く、ダンスの技術面だけでなく、面接が合否を大きく左右することもあるようです。

また、プロダクションなどへの所属を目指す場合も、ほとんどの場合で面接が行われていて、ダンサーにとって、面接は避けて通れないものだといえます。

ダンサーとしての意気込みや熱意は最も重要視されるため「なぜ、ここで踊りたいのか?」「どんなダンスをしたいのか?」などを、自分の言葉でしっかりとアピールすることが大切です。

ダンサーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

ダンサーとして就職先を探す場合は、ほかの職業のように求人サイトやハローワークを使うことはできません。

その多くはオーディション情報サイトやオーディション雑誌から得ることが多くなっていますが、口コミで情報が得られることもあるため、人脈を大切にすることも重要なポイントです。

また、芸能事務所やプロダクション、テーマパークなどでは不定期に所属する人材を求人することがあります。

特定の企業や事務所を志望する場合は、ホームページをこまめにチェックするとよいでしょう。