女性のダンサーのキャリアパス・結婚後の生活

ダンサーは結婚後も働き続けられる仕事です。

しかし、仕事内容によっても働き方はさまざまで、劇団やダンススタジオなどに所属している人であれば基本的に生活は不規則になり、家事や育児と両立するのは難しいこともあります。

講師やインストラクターの仕事をしている人であれば、担当する講座のレッスン時間は事前に決められているため、生活との両立も決して難しくありません。

また出産をしたことで、子どもと一緒に楽しめるやさしいダンス・キッズダンスをはじめるなど、母としての立場を生かして新たなダンスをはじめる人もいます。

この記事では、女性のダンサーのキャリアパス・結婚後の生活について解説します。

女性のダンサーの現状

女性でもダンサーとして活躍している人は数多くいます

ストリートをはじめとした一般的なジャンルから、

  • 民族舞踊
  • 社交ダンス
  • バレエ

などでも女性の活躍の場は多くあります。

また女性に人気のジャンルとしては

  • ベリーダンス
  • フラダンス
  • バーレスク
  • ポールダンス

などがあり、さまざまなジャンルでダンサーが活躍しています。

女性のダンサーの強み・弱み

女性ダンサーは見た目の美しさや身体のしなやかさを生かし、男性とはまた違った魅力のダンスができます。

そのため男性と女性では同じダンスを踊っていても、まったく違ったダンスに見えることもあります。

力強さではどうしても男性に劣ることもありますが、女性ならではの強みを生かしたダンスのジャンルも数多くあるため、活躍の場は広いといえるでしょう。

ダンサーの結婚後の働き方・雇用形態

ダンサーは結婚後も働き続けられる仕事です。

劇団やダンススタジオなどに所属している人の場合

劇団やダンススタジオなどに所属している人であれば、勤務時間が設定されていることもありますが、基本的にはステージに合わせて働くため、生活は不規則です。

また単発の仕事を多く受ける人の場合、今日は日中のイベントで踊り、明日は夜のショーで踊るという風に、毎日勤務時間が違うこともあり得るため家事や育児と両立するのは難しいこともあるでしょう。

講師やインストラクターの仕事をしている人の場合

ダンサーのうち、勤務時間が比較的明確に決まっているのは、講師やインストラクターの仕事をしている人たちです。

担当する講座のレッスン時間は事前に決められているため、それに合わせて出退勤することになり、生活との両立も決して難しくありません

ダンサーは子育てしながら働ける?

出産後は、大きく体が変化し女性の身体に大きなダメージを与えてしまうため、どうしても休息時間が必要です。

そのため人によりますが、出産前と同じようにダンスを踊れるようになるまでには時間がかかることもあります。

ただし、コンディションが整えば同じレベルでダンスを踊ることは難しいことでなく、子育てをしながら活躍するダンサーも多くいます。

また出産をしたことで、

  • 子どもと一緒に楽しめるやさしいダンス
  • キッズダンス

をはじめる人など、母としての立場を生かしてダンスをする人も少なくありません

ダンサーは女性が一生働ける仕事?

ダンサーは女性に限らず、一生働き続けるのは難しい仕事です。

ダンサーは一般的に若い人が好まれ、さらに次々に新しい世代が実力をつけてくるため、ダンサーとして長く生き残っていくのは非常に難しいことです。

ただし、若いうちにダンサーとして実力をつければ、

  • インストラクターなどのダンスを教える側になる
  • ダンススタジオを経営する
  • 振付や演出を手掛ける

など、新たな働き方ができます。

ダンサーとして一生働き続けるのは難しいかもしれませんが、自分の努力次第でさまざまな道がひらけていくのもダンサーの魅力です。

「女性のダンサーのキャリアパス・結婚後の生活」のまとめ

女性でもダンサーとして活躍している人は数多くおり、ストリートをはじめとした一般的なジャンルから、民族舞踊や社交ダンス・バレエなどでも女性の活躍の場は多くあります。

出産後は、大きく体が変化し女性の身体に大きなダメージを与えてしまうため、どうしても休息時間が必要です。

ダンサーとして一生働き続けるのは難しいかもしれませんが、自分の努力次第でさまざまな道がひらけていくのもダンサーの魅力です。