「騎手」とは

競走馬とトレーニングをしながらコンディションを調整し、レースで勝利を目指す。

騎手とは、競走馬を操り各地の競馬場で競馬レースをする人のことを言います。

騎手の中には、中央競馬の騎手と地方競馬の騎手があります。

それぞれの騎手になるためには専門の養成学校に通い、国家試験である騎手試験に合格しなければなりません。

騎手養成の専門学校に入校するには、中学校卒業程度の学科試験と体重、視力などの基準をクリアする必要があります。

平均的な騎手の収入は1000万円と高く、騎手になりたいと考えている人も多くなっているようです。

騎手は競馬レースで獲得した賞金の5%程度をもらい、そのほかにもレースに出走することでもらえる手当や所属する厩舎での業務で手当てをもらっている騎手もいます。

騎手の大半が男性ですが、女性騎手もだんだんと増えてきています。

「騎手」の仕事紹介

騎手の仕事内容

騎手とは、競走馬を操って競馬場で競馬レースに出場する人のことを言います。

競馬には日本中央競馬会が主催する中央競馬と、地方公共団体が主催する地方競馬の2種類がありますが、有馬記念などの有名なレースは中央競馬で開催されます。

最大18頭で着順を競い、レースに勝つと賞金がもらえます。

その他、トレーニングセンターで馬の調教や騎乗訓練を行ったり、日ごろから自分自身の体を鍛えていくことも求められます。

騎手になるには

中央競馬と地方競馬どちらの騎手を目指すにしても、それぞれの養成学校に指定年数通ったのち、騎手免許試験に合格する必要があります。

養成学校の受験資格としては、中学卒業から20歳未満という年齢制限のほか、体重や視力などの基準も設定されています。

養成学校では実技練習、馬やレースについての知識を身につけていき、試験と適性検査、体力測定をすべてクリアすると騎手免許を取得することができます。

騎手の給料・年収

騎手は厩舎に雇用されるケースとフリーランスのケースがあり、主な収入源はレースの賞金のほか、調教などでの手当、レースの参加手当などとなっています。

騎手全体の平均年収は1000万円程度。

大きなレースに出場する人気の騎手になると、年収3000万円を超える人もいますが、地方競馬では賞金額が小さいレースもあります。

レースの出場数が減れば収入は下がりますが、中には調教をメインとして働いている騎手もいます。

騎手の現状と将来性・今後の見通し

騎手は厩舎に雇用されるケースとフリーランスのケースがあり、主な収入源はレースの賞金のほか、調教などでの手当、レースの参加手当などとなっています。

騎手全体の平均年収は1000万円程度。

大きなレースに出場する人気の騎手になると、年収3000万円を超える人もいますが、地方競馬では賞金額が小さいレースもあります。

レースの出場数が減れば収入は下がりますが、中には調教をメインとして働いている騎手もいます。