整体師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

整体師を目指すきっかけで多いものは?

整体師を志す人の志望動機や目指すきっかけは、自分自身が身体の不調を感じ整体の施術を受けたところ、調子がよくなり整体に大きな可能性を感じた、整体師という職業に魅力を感じたということです。

自身が悩んだ経験を生かして同じような思いをしている人の助けになりたいという理想は志望動機として説得力があるといえますし、整体にはスポーツ障害の改善を目指して訪れる人も多数いるため、施術してくれる整体師にスポーツ経験があることは大きな励みになるでしょう。

また、独立してやっていける技術を身につけたいという理由から、整体師を目指す人もいます。

整体師の志望動機の考え方

整体師の志望動機をアピールするには、これまで学んできた整体の技術や知識についてはもちろん、それ以外にも「整体師が自分に適した職業である」ということを伝える必要があります。

「整体師になりたい」という願望を持っている人の多くは、昔から人にマッサージをして喜ばれることが好きだったり、自分がマッサージをしてもらって癒されたことがあったりした経験があります。

これは自分自身が整体の効果について身をもって知っていることになり、患者さんへ自信をもって接することができる大切な要素となります。

もちろん気持ちだけでなく技術力をアピールすることも大切ですが、学校を卒業したばかりであったり、経験が浅かったりしても向上心が強ければ採用される可能性はあります。

また、人との会話が好きで、人を和ませるのが得意だという人の場合は、患者さんとうまくコミュニケーションすることができるはずです。

コミュニケーションスキルが高いと、患者さんからの信頼を獲得できる整体師として重宝されますから、そうした長所がある場合はしっかりアピールしましょう。

整体師の志望動機の例文

自分自身の体験をもとした志望動機

「以前から整体に通っていて、その効果を実感しています。

担当の整体師さんから受けたアドバイス通りマッサージをしたり姿勢に気を付けたりすると、身体の不調がみるみるよくなり、自分でも本やインターネットで整体に関し勉強するようになりました。

御社は研修制度も充実しているので、多くのお客さまに喜んでもらえるよう幅広い知識を身に付けて活躍したいです。」

整体師に惹かれた理由を盛り込んだ志望動機

「御社の○○の先生にあこがれを感じて志望しました。

私は学生時代からスポーツをやっていますが、ケガをして整体を利用したことがあります。

そのときに担当してくれた○○先生が、的確な施術をしてくれ体調が改善したことや、スポーツに対する幅広い知識を教えてくれたことが忘れられません。

私も同じようにスポーツをして身体を壊した人の心身を改善する仕事がしたいです。

スポーツで身に付けた体力やコミュニケーション能力を生かして働きたいです。」

整体院に惹かれた理由を語る志望動機

「自宅が小さな整体院をしているため、幼いころから整体に親しみ、両親が体調の悪い人たちの症状を次々に改善していくのを見て、「まるで魔法のようだ」と思っていました。

自分も整体の道を志そうと思い、一人前になるためにはまずさまざまな施術方法を学びたく、顧客層が幅広く多くのお客様に利用されている御社で修業をしたいと思いました。」

未経験からの志望動機の例文

「祖母が整体を利用していたため、整体を身近に感じて育ちました。

学生時代から整体やマッサージに関心を持ち、専門学校で本格的に勉強を始めました。

専門学校で習った施術法を祖母に試すと「体が楽になった」「とても気持ちが良い」と言われ、ぜひもっと多くの人に整体の魅力を伝えたい、自分の手で多くの患者を助けてあげたいと思い、本格的に整体師を目指そうと思いました。

御社を志望した理由は、整体だけでなくさまざまなマッサージを扱っているので、専門的な知識を身に付けるには最適だと思い応募いたしました。

未経験ではありますが、一生懸命知識や技術を習得し一日も早く一人前の整体師として認められるよう努力を忘れずに頑張ります。」

異業種から転職する場合の志望動機の例文

「前職は営業として働いていました。

外回りが多く足腰を痛めることが多かったため、さまざまな整体に通いました。

その中で、この整体院と出会いました。
施術のうまさと、接客の丁寧さでとても癒される時間を過ごすことができました。

仕事に追われる中で、一時間でも心地の良い時間を提供してあげたい、自分も施術をする側になってみたいと思いました。

整体師としての経験はありませんが、現在は通信講座で勉強中です。

前職は営業で多くの人と接する仕事だったため、そこで身に付けたコミュニケーション能力を、ぜひ整体師としても生かしていきたいと思います。」

整体師の面接で聞かれること・注意点

整体師の面接で聞かれること

「なぜ整体業界を希望するのか?」

整体師の仕事に対する意欲を示すためにも、「なぜ整体業界で働きたいのか?」を明確にしておく必要があります。

整体師の仕事は、単に身体の不調をなくすことだけではなく、精神的なケアも整体師にとって重要な仕事のため、「患者を支えていきたい」という強い意思を示すことが重要です。

「なぜ当院を受けたのか?」

数多く存在する整体院の中で、「なぜその院を選んだのか?」という理由は明確にしておく必要がありますし、ぜひとも働きたい意思を示さなければなりません。

「なぜ転職をするのか?」

整体師の中には転職者も多く活躍しています。

前職で自身が身体を痛めたことから整体に興味を持った人も少なくありません。

また美容分野で働いていた人が客により良いサービスを提供するために整体の技術を身に付けたいと考えることもあります。前職の経験や、他の職業従事者として整体の重要性をいかに感じたかという視点は、転職者ならではの自己PRになるといえるでしょう。