整体師の一日・生活

整体師の業務スケジュール

整体師は活躍の場は多岐に渡っています。

勤務先や働き方によって勤務時間や勤務内容もさまざまです。

ここでは、一般的な整体院に勤めた場合と、スポーツトレーナーとしても働く場合の1日の業務の流れをご紹介します。

整体院で勤務する整体師の1日

整体院は個人で開院しているケースが多く、営業時間はさまざまです。

開業している土地柄に合わせ、夜遅くまで営業している整体院もあれば、17時ごろには閉院する整体院もあり、勤務時間は勤務先によって異なります。

9:00 出勤
出勤すると施術用の仕事着(白衣)に着替えます。
9:20 掃除
院内を清掃し開院に備えます。
9:40 カルテチェック&ミーティング
予約の患者の確認・施術方法などを、スタッフ全員でミーティングします。
自分の担当の患者や予約状況も確認しておきます。
10:00 開院
予約した患者が来院します。
新規の患者であればヒアリングをし、常連の患者であれば、近況を聞きながら適切な施術をしていきます。
13:00 休憩
休憩時間は勤める院によって異なり、中には2時間から3時間の間院を閉めることもあります。
この間に休憩をし、再度予約や施術内容をチェックして、午後の施術に備えます。
16:00 午後の施術開始
午前中と同様に施術をしていきます。
18:00 施術のピーク
夕方になると、仕事帰りのサラリーマンやOL、学生などの来院が増え、忙しさがピークを迎えます。
一人ひとり丁寧に施術をしていきます。
20:00 受付終了
多くの医院が営業終了の1時間前に受付を終了します。
最後の患者を迎え入れると、手の空いた整体師から片付けなどの準備を始めます。
21:00 勤務終了
院内を清掃し、勤務終了後のミーティングをして帰宅します。

スポーツトレーナーとしても働く整体師の1日

スポーツトレーナーとして働く整体師の場合、整体院でも並行して働く場合がほとんどです。

毎日選手のために練習場へ通う人もいれば、週に1回から3回程度という人までさまざまですが、一般的に大きな大会や試合が近づくと訪問回数が増え、施術も多くなります。

また整体師によっては、複数のチームを掛け持ちしていて、毎日のようにさまざまなチームに出向く人もいます。

9:00 整体院での勤務開始
整体院に出勤し、患者に対応します。
14:00 整体院での勤務終了
整体院での勤務を終了し、チームの練習場へ向かいます。
15:00 専属トレーナーとミーティング
チームによっては一人では対応できないため、多くのスポーツチームでは専属トレーナーやマネージャーがいます。
専属トレーナーやマネージャーと練習スケジュールを確認し、選手に故障者やケガ人がいれば、優先的に施術を行います。
17:00 施術開始
練習の終わった選手から施術を行います。
整体師によっては、選手に身体の使い方や練習のアドバイスをすることもあります。
また、監督やコーチと選手の体調について打ち合わせし、練習メニューを調整したりすることもあります。
19:00 施術終了
すべての施術が終わり次第、練習場を出て帰宅します。

整体師の勤務時間・休日