出張整体とは

出張整体とは

出張整体とは、整体師が患者の自宅を訪問し、その場で施術をすることです。

ときには企業のオフィスやホテル・レンタルスペースなどに出張して整体を行うこともあります。

出張整体の場合は、通常の施術料金に加え、交通費や出張料金などを上乗せすることがほとんどです。

出張サービスのメリット

整体院を開院するとなると、さまざまな設備を準備しなければならず開業資金もかかります。

しかし、出張整体ならベッドやマットさえあれば誰でも簡単にはじめられるというメリットがあります。

また、時間の融通が利くというメリットもあります。

予約制の出張整体というスタイルで働けば、その時間だけ勤務をすれば良いので、副業や子育て中の整体師でも、都合がつけやすく、さらにアルバイトで整体師として働くよりも効率よく収入を得られます。

整体院を開業した整体師でも、休診日に出張整体を行い、収入アップを目指す人も少なくありません。

出張サービスのデメリット

出張整体のデメリットは、新規の患者を獲得するのが難しいということが挙げられます。

実店舗がないため集客が難しく、新規の患者を集められなければ、整体院で働くよりも安定した収入を得られない可能性があることを覚悟しておきましょう。

また、出張の際には移動時間がかかってしまうため、整体院で患者を待っているよりも時間のロスが多く、一日に施術できる人数が限られるというデメリットもあります。

患者視点からの出張整体

出張整体を利用する最大のメリットは、自宅で施術してもらえることです。

体の痛みが強かったり、足腰が弱っていて自分の力で整体院まで来られなかったりといった深刻な症状を抱える患者にとっては、非常に便利なサービスです。

最近では産後の骨盤矯正や腰痛改善のために出張整体を利用する女性も多く、子どもの預け先を考えずに利用できる出張整体は、整体院に通うよりも利用しやすいサービスといえるでしょう。

ただし、出張整体は一般的な施術料金よりも料金が高くなるというデメリットもあります。

整体の場合、保険適用外のため料金は全額自己負担となりますが、出張を依頼すると施術料金に加えてさらに出張費・交通費などを支払うことになるため、施術料金が高いと感じる人もいるでしょう。

出張整体で安定した収入を得るには

出張整体は患者から一定のニーズがあるものの、デメリットもあり、安定的な収入を得るには難しい面があります。

出張整体のみで仕事をしていくことは大きなリスクとなりますが、アルバイト・パートとしてや、副業として、育児や家事と両立しながら整体を続けたいという人には働きやすい環境であると言えます。

整体師には決まった働き方がなく、整体院を経営しながら出張整体を行ったり、アルバイト・パートとして働きながら出張整体をしたりするという柔軟な働き方もできます。

出張整体を志す場合は、メリット・デメリットを考慮した上で、他の働き方も視野に入れながら自分に合った働き方を見つけていくことが大切です。