整体師のつらいこと・大変なこと・苦労

整体師のつらいこと・大変なこと

体力を使う仕事

整体は自分の体を使って、一日に何人もの患者の施術をするため、非常に体力を消耗する仕事です。

また基本的に立ちっぱなしの仕事なので、体力に自信のない人は厳しいと感じるでしょう。

整体師の職業病

腱鞘炎

整体師に最も多い職業病は腱鞘炎です。

腱鞘炎とは、腱の周囲の腱鞘が炎症を起こすことで、手足に痛みや腫れが生じ、手足が動かしづらくなる病気のことをいいます。

放置すると炎症が腕にまで及び、最終的に外科的手術を受けなければならないほど症状が進行する恐れがあります。

整体師は指先を使う仕事のため、仕事に慣れていないうちは、どうしても腱鞘炎になりやすくなります。

もし指が痛いと感じたら、早めに病院で治療を受けることが大切です。

肩こり・腰痛

整体師は、患者の肩こりや腰痛を治すのが仕事ですが、自分自身も肩こりや腰痛に悩まされるという人は多いです。

腰や肩の痛みを感じたら、休憩を多くとり腰や肩に負担をかけることのないようにすることが大切です。

患者のために働くことも大事ですが自分の身体もしっかりとケアすることが整体師には求められます。

患者からのクレーム

整体師の苦労する点に、患者からのクレームがあります。

たとえば、施術をした翌日にひどい痛みが出たり、症状が緩和されなかったりといったものです。

必要に応じ、再度の来院や病院での診察を勧めたほうがよいケースもあるため、まずは患者の話にしっかりと耳を傾けることが大切です。

また、男性整体師の場合は、施術中にセクハラ行為があったと訴えてくる患者もいます。

このようなクレームを避けるためには、施術前にどの部位にどのような施術をする必要があるのかを説明し、患者にもあらかじめ了承しておいてもらうことが必要です。

整体師の悩み

治療方針を理解してもらえない

整体は身体のバランスを整え、自然治癒力を引き出すことでさまざまな身体の不調を改善させる施術方法です。

そのため、即効性という面では病院での診察や薬効に劣る部分があるのは否めません。

しかし来院した患者の中には、「すぐに不調を取り除いてほしい」と思う人が多いのも事実です。

継続的な治療を受ける前に「効果がない」などマイナスの判断をされ、トラブルになってしまうケースもあり整体師の大きな悩みの種となっています。

整体師は自身の治療方針をしっかりとわかりやすく説明し、一人でも多くの患者に理解を求め、信頼を得られる努力をしていかなくてはなりません。

継続して来院する客が少ない

整体師は、来院する患者が多ければ多いほど経営の安定を図ることができるため、まずは新規顧客の開拓が第一です。

特に個人経営の整体師の場合は顧客の獲得は重要なポイントとなります。

しかし、それ以上に難しいのはリピーターの獲得です。

患者は症状が和らげば整体院への足が遠のいてしまいますが、整体師としては症状が緩和されても継続的な来院でさらに健康効果を高めてほしいというのが本音です。

患者とのコミュニケーション

整体の施術はほぼマンツーマンで行われます。

症状を聞き出したり、日常生活のアドバイスや症状についての知識を伝えたりなど、整体師としてコミュニケーション能力は欠かせません。

しかし、この患者とのコミュニケーションに苦手意識を持っている人も少なくありません。

施術をする際は、整体師本人の人柄も大切な要素になってきます。

手技のスキル向上に努めるだけでなく、日頃からコミュニケーションを意識し、老若男女問わず相手ができるように心がけなくてはいけません。

整体師を辞める理由で多いものは?

身体の不調

整体師の仕事は体力勝負なだけでなく、腱鞘炎などの職業病を併発しやすいため、自身が体の不調を訴えて離職・転職するという人は少なくありません。

患者のために施術をする整体師が不調を訴えていては仕事にならないため、症状を感じたら早めのケアをすることが必要です。

過度のストレス

整体師は人と密に接する仕事でもあるため、人によってはストレスを感じやすい環境です。

勤務先によっても施術の方針や患者の年齢層なども大きく違うため、どうしても自分には合わないと感じほかの整体院やカイロプラクティック院に移る、または違う職業に転職するという人も多いようです。