整体師になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・スクール)

整体師になるための学校の種類

整体師を目指す上で必要な学歴はありません。

とはいえ、心身の不調を改善するための専門家である整体師には相応の知識や技術が必要であることは言うまでもありません。

整体師を目指すにあたり、基礎となる部分は学校に通って習得するのが一般的です。

整体師になるには

整体師になるための大学

大学で整体師に必要な知識や技術を学びたい場合、国家資格である「柔道整復師」が取得できるところを選びましょう。

整体師に必要な知識のベースは解剖学で、柔道整復師の養成課程であればこれは必ず学ぶことになります。

ただし手技に関しては柔整師と整体師とでは異なる部分があるため、整体の技術を修得するためには在学中や卒業後に整体院実際に勤めて取得する必要があるでしょう。

整体師には必須資格がないので、わざわざ大学に進学する必要がないという方も多いですが、柔道整復師をはじめとした国家資格を持っていることで施術の幅が広がったり、周囲からの信頼を得られたりするというメリットがあります。

整体師になるための専門学校

整体師を目指す人の多くは、専門学校で学びそれぞれの学校が付与する民間資格を取得しています。

在籍期間や受講内容・学費は学校によってまちまちなので、進学先を決めるにあたってはさまざまな専門学校を比較検討し自分に合った進学先を選択しましょう。

転職希望の社会人や時間に制約のある主婦などでも通いやすい夜間や土日に開講する学校もあるため、あらゆるライフスタイルに合わせた通学が可能なのが大きなメリットです。

整体師になるためのスクール

整体師個人や整体院グループが開講している養成スクールで学ぶという道もあります。

こうした学校は「整体学校」とも呼ばれ、実際に活躍しているプロの整体師から現場で使われている実践的な技術を教えてもらえるため、「弟子入り」のような感覚で学べ、そのまま就職先が決まるケースも多いというメリットがあります。

整体学校といっても、入門コース・整体の基礎を学ぶ本科・プロとして独立開業を目指すコースなど数種類に分かれていることもあります。

学費の相場は、体験・入門コースでは数万円、整体の基礎を学ぶコースであれば40万円から60万円、整体のプロフェッショナルとして独立開業まで目指すコースであれば85万から100万円ほどとなっています。

ただし、こうした整体学校の場合、卒業しても学歴とは認められず、専門学校同様、学べる内容に大きく差があるため事前の確認が必要不可欠です。

整体師になるための通信講座

整体師に必要な知識や技術は通信講座でも学ぶことができます。

メリットは学費がリーズナブルなこと、そして自分のペースで学べることで、他の仕事をしながら転職のために整体師の資格を検討している人や、育児中の主婦が職場復帰を目指して整体師の資格を検討している場合など通学が難しい人でも知識が習得しやすいのが特徴です。

注意点は、講座による学習内容の差があることで、教養に特化したものも多く、プロを目指す人には適さないものもあるため注意しましょう。

また実技指導を受ける機会が少ないことも挙げられます。

スクーリングがある通信講座もありますが、通学に比べると実技指導を受けられる頻度はどうしても劣るため、DVD等の映像教材がある講座の場合、何度も繰り返し見て学び補う必要があります。

通信教育でも、大手通信教育会社の整体師講座と整体院が直接開講している通信講座があり、整体院がおこなっている通信講座の場合、自宅での通信教育と実技講習会に出席することで民間資格を認定している講座もあります。

通信教育だけでは実技が不安だという人は、このように整体院がおこなっている通信講座を選ぶとよいでしょう。

学費や学ぶ期間により差がありますが、相場は4万円~10万円が相場となっています。

整体学校の中には入学時や在学時にかかる費用の減免制度を設けているところもあります。

たとえば社会人経験のキャリアを考慮したものや、育児をしながら学ぶ人を応援するものなど学校独自の奨学金制度を設けているところもあり、こうした制度を利用することで負担を軽減できる可能性があります。

整体学校を選ぶときのポイント

開講日や取得できる資格をチェックする

整体学校といっても、さまざまな種類があります。

開講日も、普通の大学や専門学校と同じように昼間に学校に通い学ぶ「全日制」や、社会人や主婦の方が主な対象となる「夜学」「土日開講」に対応しているなどさまざまです。

勉強が生活の中心の学生として整体師を目指していくのか、アルバイトや社会人として働きながら整体師を目指しているのかなど、ライフスタイルに応じて学校を選ぶことができます。

また、整体以外にもリフレクソロジー・リンパマッサージ・カイロプラクティックなどの民間資格を取得できるコースも設けている学校もあるため、整体師以外の資格も取得したいかどうかで学校を選ぶのもよいかもしれません。

経営母体はどこか

その他にも注目したい点は、整体学校の経営母体です。

大手整体院が経営母体となっている整体学校であれば、卒業後の就職相談などのフォロー体制がしっかりとしているので、卒業後の進路に悩むことなく安心して学べるでしょう。

また、整体院とつながりの深い学校であれば、在学中も実践訓練などのカリキュラムが十分に用意されているため、在学中から現場の雰囲気を感じることもできます。

講師・OBをチェックする

学校の講師陣やOBも調べておきましょう。

学校見学会や説明会などで講師陣のスキルをチェックし、自分の思い描く整体の技術を学ぶことができるのかをよく見ておきましょう。

また、OBがどのような進路についているのかというところも重要です。

就職率のチェックや、できれば独立開業で成功しているOBがいるかどうかなどをチェックしましょう。

学校選びの際、さまざまなパンフレットを比較し、気になった学校の説明会やオープンキャンパスなどには積極的に見学に行くとよいでしょう。

標準的な施術が学べる学校

整体にはこれといって決まった型がなく、現在開業している整体院もそれぞれ違った特色を持っています。

整体師はその人生を通して独自性を構築していく職業であるため、整体師を志した段階で自分の目指す方向が明確な人は、それに必要な知識や技術が得られる学校を選べば良いことなので学校選びは比較的容易であるといえます。

しかしそのような人は圧倒的に少数で、多くの人は整体師としてのはっきりとしたビジョンがないまま進学先を選んでいます。

そういった人はどの整体術にも必要な標準的な知識や技術が習得できる学校を選びましょう。

標準的な知識と技術さえ身についていれば、その後目指す方向性が定まっても、応用していくことができます。

国家資格取得ができるか

整体には決まった概念がなくで、関連資格も民間のものが乱立しているのが現状です。

整体師に近い資格にあん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師がありますがこれらはいずれも国家資格です。

こうした職業は一般的にも広く認知されており、資格を所持していることは信頼への近道です。

これらの資格所持者にしか行うことが許可されていない施術もあるため、持っていることで整体師として行える手技の幅を広げることができるため、こうした国家資格の取得が目指せる学校に進むことも選択肢の一つとして考えられます。

金額の差は内容の差?

整体の技術や知識を習得できる学校は形態も在籍期間もさまざまなので、自分のライフスタイルに合ったものが選べます。

しかし同時に学費や期間にも大きな差があります。

あまりに金額の低いものは、整体師のプロ養成を目的としたものではなく、教養としての整体に留まっていたり、映像教材がなかったりなど、何かしらの理由があることがほとんどです。

学費の安さに飛びついて、結局再度他の講座を受けなければならなくなったりすることもあり、かえって余計な費用がかかってしまうことになりかねません。

もちろん、値段が高ければいい学校というものではないので、必ずカリキュラムや教材などを確認し、十分に納得した上で受講するようにしましょう。