整体師に向いている人・適性・必要なスキル

整体師に向いている性格・適性

奉仕の精神を大切にする

整体師の仕事は、慢性的な体の不調や痛みに対して整体独自の手技で精神的にも肉体的にも癒していくものです。

「整体師になって開業して儲けよう」「手に職をつけておくと将来安心だ」というような考えも間違いではありませんが、それだけでは整体師の仕事は長続きしません。

「患者一人ひとりの症状に合わせた施術をしてあげたい」「少しでも症状を軽くしてあげたい」といった奉仕の精神も忘れずにいられる人が整体師に向いている人といえるでしょう。

勉強熱心で向上心がある

整体院を訪れる患者の症状は一人ひとり違います。

病院に通ったもののなかなか改善せず、どうにかならないかと整体を頼って訪れる患者も少なくありません。

そうした患者に信頼される整体師になるためには、常に健康に関する幅広い知識を勉強しておく必要があります。

常に向上心・向学心があり、患者のためによりよい施術がしたいと努力を続けられる人こそが整体師の適性があるといえるでしょう。

体力・精神力に自信がある

整体の施術は、非常に体力を使います。

ときには、整体師自体も身体が悲鳴をあげることもありますが、どんなときでもベストの施術をできるような体力とケアが求められます。

また、一日に何人もの人と接し、親身になって体の不調についてカウンセリングし、日常生活におけるアドバイスまで行うので、精神力も必要とされる仕事です。

整体の効果を自ら実感する

自分自身が整体を受けて癒された経験から、整体師を目指すようになったという人も多いでしょう。

体を整えることで得られる効果について知識的な面だけでなく、身をもって知っているということは整体師の適性としてとても大切なことです。

整体の効果を信じていれば、自信をもって患者さんに接することができますし、モチベーションも高く保てるため技術の向上にもつながるでしょう。

整体師になるには

整体師に必要なスキル・能力

整体の知識と技術

整体師は国家資格ではないため、仕事をする上で必ずしも資格が必要というわけではありません。

とはいえ、どんなにコミュニケーション能力が高くても、整体のスキルが低ければ患者は離れていってしまうため、まずは何よりも技術を身につけることが求められます。

整体師になってからも、研修や実務を通じて施術のスキルを上げていくことが必要です。

また、施術の方法は整体師や整体院によっても大きく異なります。

こうした知識や技術を常に知識を習得するスタンスで臨むことが大切です。

カウンセリング能力

整体の施術では、患者の状態をしっかりとカウンセリングすることが大切です。

患者さんとの会話を通じて、痛いところや身体の不調をしっかりと聞き出すことができなければ、的確な施術を行うことができません。

患者の気持ちを十分に汲み取れなかったがゆえに、クレームが来ることもあります。

コミュニケーション能力やカウンセリング能力を身に付け、しっかりとヒアリングができることは整体師として大切なスキルです。

経営に関する知識

整体師として働く人の中には、将来独立開業したいと考えている人も少なくありません。

独立開業するとなれば、整体師としての知識だけではなく、経営者として経営ノウハウやマーケティング・プロモーションなどの知識も必要です。

また、最近ではインターネットで集客することが主流となってきているため、顧客獲得のためにはウェブマーケティングの知識なども重要となるでしょう。

整体師に向いていないのはどんな人?

整体師は、一人前になってからも常に知識やスキルを勉強し続けていかなくてはなりません。

伝統的な施術方法を守ることは決して間違いではありません。

ただしいつまでも同じやり方で施術をしていては、新しい知識と施術法を持った整体師に負けてしまいます。

整体師になったからと言って、努力や向上心を忘れてしまっては、整体師として活躍するのは難しいでしょう。