整体師として独立・開業するには?

独立・開業の整体師の働き方・仕事内容

整体師を目指している方の最終的な目標の一つに「独立開業」があります。

整体師が独立するには、必須となる資格はないため、資金さえあれば誰でも独立開業することは可能です。

独立しても整体師としての仕事に大きく違いはありません。

しかし、開業している以上は経営者となるため、集客するための営業活動や金銭面のやりくりなどさまざまな業務が付帯します。

独立・開業の整体師になるまでのキャリアパス

整体院で知識と技術を磨く

整体師として独立し成功している人の多くは、いきなり開業せずに既存の整体院に就職し、数年間修行を積んで技術を磨いてきた人たちです。

また、勤務先で実績を積む間に、開業した時に自分の整体院にきてくれる潜在的な顧客や、開業に向けてアドバイスをくれる人との出会いがあるかもしれません。

そういった意味でも、いったん他の整体院に勤め、人脈を作っておくことは大切です。

整体院は誰にでも開院はできますが、開業した整体院を持続させていくには、経験、技術、顧客、経営ノウハウが重要となるのです。

整体院の方向性を決める

独立開業するのであれば、整体院の方向性を定める必要があります。

同じ街で開業するにしても、どんな人をターゲットにするのか、どんな施術法をメインに置くかによって、コンセプトは大きく異なります。

他の整体院をリサーチしながら、サービス内容や内装・雰囲気・価格などを考えていきます。

経営ノウハウを身に付ける

整体院を持つということは整体師としてだけではなく、経営者としての知識も習得しなくてはなりません。

整体院を成功させるためには技術や人間性も重要ですが、経営方針がずさんであったり、給与などの未払いなどの問題を起こしたりしてしまうようなことがあってはなりません。

また、どのようにすれば顧客が増えるのか、整体院の立地などマーケティングに関する知識も必要となってきます。

独立開業前に、ある程度の経営ノウハウを身につけておくことが求められます。

開業資金の確保

独立開業資金するための資金集めは非常に重要です。

独立開業する前に、整体院に就職するなどしてできるだけ多くの貯金をしておきましょう。

なかには自宅兼事務所で独立開業する人もいますが、一般的には自治体などから融資を受けます。

独立開業しても、すぐに患者が来るとは限りません。

経営が軌道にのるまでの間の運転資金を準備しておく必要があります。

リピーター(ファン)をつける

整体院を開業し、長く安定した経営をしていくのであれば、リピーターをつくることが最も重要です。

患者に親身に丁寧な施術やコミュニケーションを続け、信頼を得て何度も来院してもらえば経営も安定してきます。

技術があり、誠実に対応していれば自然に患者は集まるものですが、独立開業するにあたっては集客のための営業活動も重要となります。

独立・開業の整体師のメリット・デメリット

独立・開業のメリットとしては、自分の思い通りの施術ができる点です。

整体院に従業員として勤めた場合、どうしても整体院のやり方や施術法があり、それに倣って施術をしなくてはなりません。

独立・開業した場合は、自分の知識と技術を思う存分生かすことができ、また休日などのスケジュールも自分の都合が付けやすいというメリットがあります。

デメリットとしては、整体師の仕事だけでなく、経営者としての手腕も問われることです。

いくら整体師として知識や技術があっても、経営の知識がなければ、整体院を運営していくことはできません。

また整体の仕事以外にも経営に関するさまざまな業務が付帯するため、全体の業務量が増えることが挙げられます。

整体師として患者に向き合うことだけに専念したいという人は、独立・開業には向いていないでしょう。

独立・開業の整体師の給料・年収

独立した整体師は、経営者として整体院やサロンを切り盛りしていくため、ハイリスク・ハイリターンといえます。

独立・開業というと成功者というイメージがありますが、実際にはこれも個人差が大きく、成功して年収1000万以上稼いでいる人もいれば、整体院に従業員として勤めるよりも不安定な収入の人もいます。