整体師への転職・未経験からなるには?

整体師への転職状況は?

整体師には必須資格がないため、転職の門戸を大きく広げているといってもよく、整体師への転職を目指す人は多くいます。

経験者が優遇されるのはいうまでもありませんが、未経験者でも採用されるチャンスは大いにある業界です。

人柄や情熱などアピールできるものは必要ですが、未経験からでも挑戦できることはこの業界の大きな魅力であるといえるでしょう。

整体師への転職の志望動機で多いものは?

整体師は特別な資格が必要なく門戸が広いこともあり、手に職をつけたい、一生続けられる仕事がしたいと転職を考える人が多いようです。

さらに自己資金が少なくても独立開業を目指せるということから、一攫千金を目指してこの業界に飛び込む人もいるようです。

未経験・社会人から整体師になるには

整体師になるためには、まず整体に関する知識やスキルを身に付けなくてはなりません。

大手の整体院やチェーン展開するような規模の大きな整体院ではしっかりとした研修制度があり、未経験者でも採用されやすいですが、しっかりと整体を学びたいと思った場合、基礎知識は専門学校で学ぶのが一般的です。

学習経験のあるなしでは、整体師として大きな差が出るため、専門学校をはじめとした整体師の養成機関でしっかりと学んだうえで転職に臨む人が多いようです。

整体師への転職に必要な資格・有利な資格

整体師には特別な資格が必要ではありませんが、整体師に転職したい場合はぜひ整体に関する民間資格を取得しましょう。

専門学校の場合、卒業時には民間資格が付与されることも多いため、一度進学するという人も多いようです。

民間の整体に関する資格は、取得のための条件や学習機関に大きな差があるため、専門学校の夜間コースや通信コース、民間の養成スクールや通信講座を利用するなどして自分に合ったものを取得するとよいでしょう。

整体師になるためには資格は必要?

整体師への転職に役立つ職務経験は?

整体師への転職で役に立つ職務経験としては、接客が挙げられます。

整体師は多くのお客さまを相手にするため、その人の身体の不調や心身の状況にあったコミュニケーションをとらなくてはなりません。

また、高齢者や女性のお客様の場合は、男性の整体師に抵抗感を持つ人も少なくないため、より気遣いが必要となります。

接客経験があり、多くの人とコミュニケーションをとってきた人であれば、あまり苦労することなく整体師としてお客さまと接することができるでしょう。

整体師への転職面接で気をつけるべきことは?

整体師の中には転職者も多く活躍しています。

前職で自身が身体を痛めたことから整体に興味を持った人も少なくありません。

また美容分野で働いていた人が客により良いサービスを提供するために整体の技術を身に付けたいと考えるケースもあります。

スポーツ経験同様、他の職業従事者として整体の重要性をいかに感じたかという視点をしっかりと話すことは、転職者ならではの自己PRになるといえるでしょう。

整体師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

整体師に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

整体師を目指す年齢に「遅すぎる」ということはありません。

整体師には特別な資格が必要ないため、体力と熱意さえあれば何歳まででも働くことができます。

ただし、年齢を重ねてからの転職の場合はどうしても就職先が狭まってしまうことや体力面での不安があることから、整体師を目指したいのであれば出来るだけ早いうちから行動に移す方がよいでしょう。

未経験から整体師の転職での志望動機例文

志望動機の考え方

整体師という仕事を目指す上で大切なことは、「なぜ整体なのか」「なぜこの整体院なのか」という具体的な話ができるかどうかです。

また未経験の場合、自分の経験や実績がどのように整体師で生かせるのかも大切です。

どのように仕事に貢献できるのか、どのように勉強をしていきたいのかを自分自身と向き合って考えておく必要があります。

志望動機の例文

「前職は営業の仕事をしていました。

数年前から足腰に不調を抱え整体に通ったところ、症状が改善したことから整体の仕事に興味を持ち、自分でも施術ができるようになりたいと思い始め、通信教育で勉強をしています。

営業で培ったコミュニケーション能力を生かし、多くのお客さまの不調を改善し、また整骨院の宣伝や営業にも力を入れていきたいです。」

整体師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?