「整体師」とは

整体師_画像

手技で筋肉バランスや骨格を調整。人の自然治癒力を高め、肩こりなどの症状を和らげる。

整体師とは、肩こりや腰痛などを筋肉の矯正・緩和をさせる技術を用い、症状の回復を促す仕事です。

整体師の施術は、東洋医学を基礎としている手法療法となるので、直接手を使って患者の身体に整体を施していきます。

施術中は常に力を使うため、体力が要求される仕事です。

整体師になる一般的な方法は、整体師専門養成学校などに通ったのちに、整体院に就職するというものです。

整体師として働くときに必ずしも資格は必要ではありませんが、関連する国家資格として「柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩マッサージ指圧師」があります。

平均的な年収はあまり高くはありませんが、歩合制となっているところも多いので、実力次第である程度の給与を稼ぐことができます。

また、独立開業している人も多く見受けられます。

「整体師」の仕事紹介

整体師の仕事内容

手技で体を整え不調を取り除く仕事

整体師は、人の筋肉の矯正・緩和をさせる技術を用い、肩こりや腰痛などの症状の回復を促す仕事です。

人間の体は日々の生活習慣や癖によって骨盤にゆがみが出たり、筋肉のバランスが崩れることがあります。

こうした症状や過去の病歴などをカウンセリングで聞いたうえで、おもに東洋医学を基礎としている手法療法を用いながら骨や筋肉の歪みを取り除いていきます。

歪みによって生じた筋肉や骨の圧迫の改善をサポートすることで、人間が本来持っている自然治癒力を高め、体の不調を改善へと導いていきます。

整体師の就職先・活躍の場

スポーツや介護分野でも活躍できる仕事

整体師のおもな就職先や活躍の場は、整体院やカイロプラクティック院となります。

そこでは基本的に、肩こりや腰痛などの症状を緩和したいという目的を持つ患者さんのための施術を行います。

ただし、院によって施術内容や方針は多少異なっており、なかには美容やダイエット、癒やし目的のリラクゼーション系の整体院などもあります。

このほか、プロのスポーツチームや選手個人と契約を結んで、選手の身体の調子を整えるための整体を手掛けるような人もいます。

このほか、エステサロンや介護施設などでも整体師が活躍できる場合があります。

整体師の1日

勤務先によって勤務時間は異なる

整体師の代表的な活躍の場となる整体院は個人経営が多く、営業時間もそれぞれ異なります。

また、整体院やスポーツトレーナー、介護施設など、どのような場で働くのかによっても1日の流れは大きく異なります。

<個人経営の整体院で働く一般的な整体師の1日>

09:00 出勤・施術用の制服に着替えて身なりを整える。
10:00 開院・施術開始
13:00 休憩・整体院は午後の施術までに時間があること多い。
16:00 午後の施術開始
20:00 受付終了・閉院準備・後片付け
21:00 勤務終了

整体師になるには

整体の手技や、人間の体についての知識を身につける

整体師になるうえで、絶対に必要な資格はありません。

柔道整復師とは異なり、国家資格を持っていなくても施術を行うことは可能ですし、極端にいえば、誰でも明日から整体師を名乗ることもできます。

しかし、実際には整体で使用する手技を身につけたり、骨や筋肉についての知識を身につけていかなくては仕事にならないでしょう。

その方法はいくつも考えられ、整体院で働きながら先輩の下で学んでいく方法もありますし、整体師の養成学校やスクールに通うこともできます。

自分に合った方法で着実に知識と技術を身につけ、患者さんに信頼される整体師を目指すことが大切です。

整体師の学校・学費

民間の整体学校やスクール、通信講座などがある

整体師として働くのに、必要な学歴や取得しなければいけない資格はありません。

しかし、整体師として人間の骨格や筋肉へ適切にアプローチするためには、正しい知識と技術を身につける必要があります。

整体院でアルバイトとして働きながら実践で学ぶ人もいますが、先に整体師の養成学校やスクールなどに通ったり、通信講座で学んだりしていると、安心して働き始めることができるかもしれません。

養成学校は全国にいくつもあり、早ければ数ヵ月程度で基礎的なことだけ学べるカリキュラムのものから、独立開業まで目指せるプロフェッショナルコースなどまで多彩です。

学校が認定する資格を取得できるものもあり、学費についても数万円程度のものから100万円以上のものまで幅広く揃っているため、自分に合うものを探してみてください。

整体師の資格・試験の難易度

複数の民間資格があり、難易度はさまざま

整体師の資格としては、民間の整体師養成スクールなどが認定するものが複数あります。

取得方法は学校に何ヵ月か通わなくてはならないものもあれば、通信講座で取得できるものなどさまざまで、難易度も資格によって異なります。

このような資格を取得しなくても整体師として働くことができますし、現場でも資格を求められることはあまり多くないようです。

ただし、資格取得のために勉強をする過程で得られるものが、仕事で役立つことはあるでしょう。

なお、整体師の仕事と関連がある「あん摩マッサージ指圧師」などの国家資格取得を目指す場合には、大学など専門の養成機関で学んでから国家試験に合格する必要があります。

整体師の給料・年収

実力をつけ、人気を集める整体師になると高収入も期待できる

整体師の給料は、勤務先や個人のスキル・経験によって大きな差があります。

一般的な整体院で働く場合は月給15万円~20万円程度が相場とされていますが、患者さんの数が多く忙しい院の場合には、もう少し高い給料が望めるかもしれません。

なかには歩合制を採用し、お客さまから指名をもらい、施術数が増えれば増えるほどインセンティブがつく院もあります。

また独立開業している整体師のなかには年収1000万円以上を得ている人もいますが、整体院の数が増えているため、競争は厳しいと考えておいたほうがよいでしょう。

整体師のやりがい、楽しさ

患者さんの笑顔と感謝の言葉がやりがいに

整体を受けたいと考えるお客さまは、元気でありつつも体の調子を整えることを目的にしている方だけでなく、現状で頭痛や肩こり、腰痛などの不調を感じている方や、つらい痛みで苦しんでいる方もいます。

こうした、さまざまな症状を抱えている方の不調や痛みを取り除き、患者さんの笑顔が見られたときに、整体師という仕事のやりがいを感じることでしょう。

直接「先生のおかげでよくなりました、ありがとう」と言っていただけたときには、日頃の疲れも吹き飛ぶほどのうれしさを感じるものです。

人の役に立ちたいと考える人にとって、整体師の仕事はやりがいを感じられる瞬間もたくさんあるでしょう。

整体師のつらいこと、大変なこと

一人ひとり症状の異なる患者さんに向き合うこと

整体師は勤務時間中のほとんどが立ちっぱなしとなり、自身の体を使ってたくさんの患者さんに施術をします。

そのため、思っている以上に体力が必要で、疲れが出てつらく感じてしまうこともあるでしょう。

また、どれだけ正しい知識に基づいて施術をしても、患者さんの症状は一人ひとり異なり、体の状態も違うため、まれに痛みなどが出てクレームにつながることもあります。

こうした事態を避けるためには、施術前に患者さんの話をしっかり聞き、施術内容についても丁寧に説明することが大切です。

整体師に向いている人・適性

探求心と向上心は不可欠

整体は民間療法のひとつとして発展してきた経緯があり、「この症状には必ずこの施術が合う」という類のものではありません。

そのため、一人前の整体師になるための勉強の過程で学んだ運動学や解剖学などの知識をベースに、より良い手技はないかと、自ら考え続けながら患者さんの悩みと向き合わなくてはなりません。

探究心と向上心を持って整体を突き詰めていける熱意は、整体師にとって不可欠なものだといえるでしょう。

また、整体を受ける患者さんのなかには、明確な症状はないが何となく調子が悪いといった方もいるため、相手の状態を的確に引き出すことができるヒアリング力を持っていたりコミュニケーションが得意な人も、この仕事に向いているといえるでしょう。

整体師志望動機・目指すきっかけ

自ら施術を受けたことがきっかけという人も

整体師を志す人の志望動機や目指すきっかけには、いろいろなものがあります。

比較的よく聞くのは、自分自身が何らかの不調を感じていて整体の施術を受けてみたら調子がよくなり、整体というものに大きな可能性を感じたことで、整体師という職業に魅力を感じたという話です。

また、独立してやっていける技術を身につけたいという理由から、整体師を目指す人もいます。

動機やきっかけはどんなものでも構いませんが、決して楽な仕事ではありませんから、どのような整体師になりたいかをしっかりと考えておくことが大切です。

整体師の雇用形態・働き方

アルバイトや正社員など働き方はさまざま

整体師は「整体院などに勤める場合」と、「独立して自分で開業する場合」の大きく分けて2パターンの働き方があります。

前者の場合、正社員はもちろん、アルバイトやパート勤務という雇用形態で働くことも可能です。

そのため、女性の整体師が結婚後、家事や育児をしながら無理なく仕事を続けているケースもあるようです。

どのような形で働くとしても、整体師は経験やスキルがあるほうが歓迎されやすい職業です。

また、民間の整体師資格や、整体とも関連性のある「柔道整復師」や「あん摩マッサージ指圧師」などの国家資格を持っていると、より良い条件で働きやすいでしょう。

整体師の勤務時間・休日・生活

シフト勤務で、夜遅い時間まで働くことも

個人経営の整体院は、朝9時ごろから夜20時ごろまで営業するところが多いようです。

しかし、都市部の大きな整体院やスタッフの人数が多い院では深夜遅くまで店を開けており、その場合はシフト制勤務でスタッフが交代で働くこともあります。

とくにマッサージの要素が強い整体の施術を行う院では、仕事が終わってから来院する会社員のお客さまが多く、予約外の患者さんへの対応で仕事が終わる時間は遅くなる傾向にあるようです。

休日は基本的に院の休診日となりますが、無休の店舗であれば交代で週1日~2日程度の休みが一般的です。

整体師の求人・就職状況・需要

整体プラスアルファのスキルがあると有利になることも

現代では、慢性的な肩こりや頭痛などに悩む人が増えているようですが、病院ではとくに問題が見つからず、不安を抱えて整体を受けたいと考えたり、健康を維持する目的で通院されるお客さまも増えています。

そのため、整体師の需要はさらに拡大し、実際に整体師の求人も多く見られます。

整体師は国家資格がある職業ではありませんが、整体師としてバリバリと活躍し、より良い条件で働きたいのであれば、確かな知識や技術、そして経験を身につけることが重要です。

さらに介護やスポーツ、美容などプラスアルファの知識を持っている人は、就職の際にも優遇されることがあるようです。

整体師の転職状況・未経験採用

未経験者でも整体師になることはできる

整体師は、「手に職をつけたい」「将来は独立したい」といった理由で、他の業種から転職してくる人が多くいます。

また、この仕事では国家資格である柔道整復師のように厳格なルールで決められた免許が必要ないため、転職のハードルは低くなっています。

いま、日本全国に整体院はたくさんありますが、独自の研修などを設けており、未経験者を採用して育てていく整体院も多くあります

したがって、熱意があれば誰でも整体師を目指していくことが可能ですが、民間の整体関連の認定資格や、人体や健康に関する資格、また接客・サービスの経験を持っていれば有利になることもあるかもしれません。

整体師の現状と将来性・今後の見通し

高齢化や健康志向の高まりで需要は拡大

高齢化社会が進み、またストレスに悩まされる人が多い現代の日本において、肩こりや膝痛、腰痛などの症状を抱えて困っている人は増えています。

骨や体の歪みを治すことで、こうした悩みの改善に貢献できるのが整体師の強みです。

また、産後の骨盤矯正や美容整体などの人気も高まっていることから、整体師が活躍できる場面は以前より増えているといえるでしょう。

しかし、一方では整体師を志す人も多く、整体院も増えているため、競争は今後さらに激しくなることが予想されます。

この仕事で長く活躍していきたいのであれば、専門的な知識を身につけ、継続的に技術力を高める努力が不可欠です。