整体師の仕事内容

整体師は、肩こりや腰痛に悩まされる現代人にとって頼れる仕事のひとつです。

本記事では、整体師の業務内容からその役割、仕事の流れなどを紹介します。

整体師の仕事とは

整体師とは、骨盤の歪みや筋肉の調整によって、肩こりや腰痛などの気になる症状の改善を促す仕事です。

人間の体は日々の生活習慣や癖によって骨盤にゆがみが出たり、筋肉のバランスが崩れたりすることがあります。

こうした症状や過去の病歴などをカウンセリングしたうえで、おもに東洋医学を基礎とする手法療法を用いながら骨や筋肉の歪みを取り除いていきます。

歪みによって生じた筋肉や骨の圧迫の改善をサポートすることで、人間が本来持っている自然治癒力を高め、改善へと導きます。

整体師の業務内容

一口に整体といっても、さまざまな種類があります。

整体の種類
  • 整体の中でも歴史が古い「野口整体」
  • 産後の女性を対象に行う「産後整体」
  • 美容のために行う「美容整体」
  • スポーツをする人やアスリートを対象に行う「スポーツ整体」
  • 身体のバランスを整える「バランス整体」
  • など

整体師はそれぞれの手法を用いて、基本的には道具などを利用せずに手技のみによって施術します

また施術だけでなく、お客さまによりそったカウンセリングを行ったり、日常生活をするうえでのアドバイスをしたりすることもあります。

整体師の役割

お客さまの痛みを緩和する

整体師が施術する症状は、病院では治療が難しいとされる肩こりや腰痛などがメインです。

整体師は資格の関係上、医師のように直接幹部を治療したり、薬を処方したりすることはできません。

しかし、整体師の施術により痛みが緩和され、症状が改善することも非常に多いのです。

そのため、病院では治療できなかったり症状に変化がなかったりした人が、痛みの緩和を求めて整体に訪れる人も多くいます。

世界における整体師の役割

整体療術は日本古来の治療法ですが、代替医療の国際的権威である医学雑誌「Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine(医学的根拠に基づいた補完代替医療)」で取り上げられるなど、国内のみならず世界的にも注目されています。

整体師の役割は世界各国でも認められ始めているため、技術さえあれば国境を越え、身体の痛みに苦しむ人々のために貢献することもできる仕事です。

整体師の勤務先の種類

整体師のおもな勤務先は、整体院やカイロプラクティック院です。

こうした場所で、肩こりや腰痛などさまざまな痛みや症状を緩和したいというお客さまのための施術を行います。

院によって施術内容や方針には違いがあり、なかには美容やダイエット・リラクゼーション系の整体院などもあります。

このほか、プロのスポーツチームや選手個人と契約を結んで、選手の身体の調子を整えるための整体を手掛ける人もいます。

整体師の勤務先と仕事内容の違い

整体師の仕事の流れ

1.カルテ記入・カウンセリング・検査

まず、お客さまに現在の症状や過去の病歴などを記入してもらいます。

これは今後の施術内容の大きな指針になる大切な資料なので、できるだけ細かく書いてもらいます

その後、整体師はお客さまへカウンセリングをします。

記載された症状と、お客さまが訴えている体の痛みや不調を一緒に確認します。

整体は、骨盤や関節のゆがみ・筋肉の傷などによって体に不調が現れているという考えに基づいているため、症状のある箇所を整体師が入念に確認します。

それから、今後の施術方針についてわかりやすく説明し、お客さまから理解と納得を得られれば施術をスタートします。

2.整体施術

基本的に整体師の施術は、東洋医学、とりわけを中国整体の推拿(すいな)を基礎としています。

整体の基本は、体の中心にあり上半身と下半身を支える役割のある骨盤、そして骨盤と繋がる背骨の歪みを正すことです。

体の不調の多くが体の歪みから来るという考えに基づくため、整体独自の手技によってお客さまの身体の歪みを矯正します。

また、症状に合わせて不調の現れている筋肉ももみほぐしていきます。

歪みによって生じた筋肉や骨の圧迫の改善をサポートすることで、人間が本来持っている自然治癒力を高め、改善へと導きます

3.アフターフォロー

施術後は、日常生活で気をつけなければならないこと、自分で行うストレッチの方法などを症状に合わせてアドバイスします。

近年では、現代特有の生活習慣病だけでなく、ストレスから来る疾患などを持ち合わせるお客さまも多くいるため、的確なアドバイスができるように、整体師は健康に関する幅広い知識を持っておく必要があります。

整体師と関連した職業

整体師と医師の違い

整体師は施術で肩こりや腰痛などの症状を緩和したとしても、治療することはできません。

医療器具を使って病気を治療したり、薬を処方したりするには医師の免許が必要で、医学的な処置が必要な症状への対応は整形外科医の役目です。

また整体院を開業するにあたり、「病気を治す」などの文言を使って営業活動を行うことは、法律で禁止されています。

医師の仕事

整体師と理学療法士の違い

整体師と理学療法士はどちらも人の体のケアをする仕事ですが、就業する場所が異なります。

また、理学療法士は国家資格の取得が必須です。

多くの整体師は以下のような場所で働いています。

整体師の就業場所
  • 整体院
  • カイロプラクティック院
  • リラクゼーションサロン

など

それに対し、理学療法士の主な就業場所は以下の通りです。

理学療法士の就業場所
  • 整体院
  • 病院・クリニック
  • リハビリ施設

など

理学療法士の仕事

整体師と柔道整復師の違い

整体と整骨は、名称は似ていますが大きな違いがあります。

整体は体を支える中心となる骨盤や背骨にアプローチし、骨のずれなどを矯正することによって筋肉のコリや疲労をほぐし、体全体のバランスを整えていくことをいいます。

国家資格はなく、とくにこれといった資格がなくても整体師として働くことができます。

一方、整骨は「ほねつぎ」とも呼ばれます。

柔道整復師が治療する症状
    • 打撲
    • 捻挫
    • 挫傷
    • 骨折
    • 脱臼

など

江戸時代から伝わる専門の知識と手技を使って治療する伝統医療で、柔道整復師という国家資格を取得した者が施術することが可能です。

柔道整復師の仕事

整体師とマッサージ師の違い

整体もマッサージも体の痛みや不調を改善して癒すという目的は同じです。

整体では主に骨盤や骨のずれを矯正し、筋肉のコリや疲労をほぐしていくというアプローチ方法をとります。

一方、マッサージは筋肉の表面を揉みほぐすことで、縮んで硬くなった筋肉やそれによって圧迫された血管や神経を改善することで血の巡りをよくし、体のコリや疲労を取り除いていくアプローチ方法をとります。

整体師の仕事内容のまとめ

整体師は、骨盤の歪みや筋肉の調整によって、肩こりや腰痛などの気になる症状の改善を促す仕事です。

整体にはさまざまな種類がありますが、基本的には道具などを使用せず手技のみによって施術します。

カウンセリングに始まり、施術、日常生活でのアドバイスなどのアフターフォローまでが整体師の仕事です。

整体は世界にも注目されている施術方法で、技術さえあれば体の不調に悩む世界中の人々に貢献することもできる仕事です。