スポーツ整体と一般的な整体の違い

スポーツ整体とは

医療業界が専門化してきているのと同様に、近年では整体業界も専門性を重視しはじめています。

特にスポーツの分野で利用され近年注目を集めているのが「スポーツ整体」です。

日々スポーツやトレーニングに励むアスリートや選手などを対象とした整体で、スポーツで酷使してダメージや疲労が蓄積した身体のメンテナンスを目的としています。

スポーツ整体師として活躍するには、一般的な整体の知識のほかに、専門的な運動学や特定の運動をするときに傷めやすい筋肉や骨などの知識、それを改善していく技術を学ぶ必要があるため、一般的な整体よりもより深い知識が必要とされます。

近年ではスポーツ整体の需要の高まりを受け、学生や社会人などの一般人やアマチュアアスリートを対象にしたスポーツ整体院を営業する人も増えてきました。

一般的な整体院ではその症状から高齢者が対象となることが多いですが、スポーツ整体の場合は学生など若年層の利用が期待でき、ほかの整体院との差別化を図ることもできます。

スポーツ整体と一般的な整体との違い

アスリートやスポーツ選手の身体は、一般の人に比べ疲労や怪我を抱えています、

また、普段使うことのない筋肉や骨を酷使しているため、一般的な整体とは施術する部位や方法が大きく異なります。

そのため、スポーツ整体師として活躍するためには、整体だけでなくスポーツや身体に関する豊富な知識が求められ、解剖学や運動学を学んでスポーツ整体師となる人も多いようです。

また、利用者が従事するスポーツの種類や運動量、練習の頻度などそれぞれの状況が異なるため、一般的な整体よりも症状の個人差が激しく、施術方法が大きく異なるのが特徴です。

スポーツに関する知識をはじめ、一人ひとりに合った施術をするための情報を把握することが大切です。

スポーツ整体の効果

スポーツ整体は運動することによって生じる痛みや体の歪み、癖などを改善します。

骨格の歪みを矯正するほか、身体の悪い癖を改善したり、痛みなどの症状がある部分をケアしたり、身体全体のコンディションを整える効果があります。

また、スポーツをするときに好ましい正しい姿勢をアドバイスすることもできるため、フォームの改善にも効果が期待されます。

スポーツ整体の施術を継続することで、怪我をしにくい体づくりを目指し、最終的にスポーツのスコアをアップさせる効果も期待されています。

スポーツトレーナーとしての活躍

整体の知識を持ちながら、スポーツトレーナーとして働く人もいます。

スポーツトレーナーの活躍の場は、オリンピック選手などのアスリートやプロスポーツなど一部に限られていました。

しかし近年では社会人チームの活躍や、学生団体など、プロ・アマ問わず多くの人がスポーツを楽しんでいます。

そのため、整体をはじめとした身体の知識を持つスポーツトレーナーの需要が急速に高まっていて、整体院で勤務しながらスポーツトレーナーとして働く人も増えています。