ネイリストの給料・年収・収入

月給、年収の相場は?

ネイリストの代表的な勤務先はネイルサロンですが、大手チェーンの店から、小さな個人店まで規模はまちまちです。

待遇は店舗によって異なりますし、正社員で働くか、あるいはアルバイトのアシスタントとしてスタートするかによっても、給料はだいぶ変わってきます。

正社員の場合

勤務エリアや経験、スキルによって給与水準は異なりますが、正社員の場合は15万円~20万円からスタートするのが一般的なようです。

年収にすると300万円程度となり、すごくよい年収いうわけではありませんが、ネイリストの給料は実力次第でアップすることが多いです。

多くのお客さまを担当し、経験を積めば、徐々に給料を上げてもらえることもあります。

アルバイト・パートの場合

アルバイト・パートのネイリストの給料は、時給900円~1,200円程度が相場となっているようです。

アシスタントとして働く場合は「下積み期間」という考え方がなされることから、勤務先によってはかなり給料が安くなることもあります。

また、週に2~3日程度しか働けないこともあるため、なかには他のアルバイトを掛け持ちして、生活できるだけの収入を確保する人も珍しくありません。

福利厚生・待遇

福利厚生はサロンによって異なりますが、社会保険が完備されているところを選べば安心感が増すでしょう。

そのほか、独立支援制度やフランチャイズ応援制度、ボーナス支給有り、ネイル材料の割引購入制度などがあるサロンも存在します。

基本的にこういった待遇は大手のほうが充実しており、個人店のような小さなサロンでは社会保険も整っていないことがあるため、事前にチェックしておいたほうがよいでしょう。

歩合などで稼ぐ人も

勤務先によっては、給料が「基本給プラス歩合」で支払われるケースもあります。

お客さまの指名があると、インセンティブが付く仕組みです。

また、習得していく技術によってランクが分かれており、それに伴って給与が上がっていくシステムを採用しているお店もあります。

こういったケースでは、人気ネイリストになったり、スキルアップすれば給料に反映されるのが魅力です。

店長やマネージャークラスになれば、役職手当てや管理職手当てなども加わるため、収入もどんどん上がっていくでしょう。

稼げるネイリストになるには

まずはお客さまからの指名を増やし、自分の売上を伸ばしていくことが一番の近道です。

技術を向上させたり、つねにセンスを磨く努力をして、常連のお客さまにも満足してもらえるように心がけましょう。

また、ネイルの施術を行うときは、お客さまとマンツーマンで一時間ほど対峙している状態です。

会話をはずませてコミュニケーションをとったり、後日お客さまに感謝の気持ちをこめたダイレクトメールを送ったりと、ちょっとした心遣いをすることもポイントです。

そういった地道な努力を積み重ねていくことと、絶えず技術を磨き続けていくことに力を注げば、徐々にでも稼いでいけるようになるはずです。

自分に自信がついたら、より良い待遇のネイルサロンへの転職もしやすくなります。

また、独立・開業しやすいのもネイリストの特徴です。

店に勤めなくても個人でどんどんお客さまを増やしていくことも可能ですし、ネイルサロンの経営者となり、繁盛店となれば高収入を得ることも夢ではありません。