重機オペレーターの就職・求人・募集の状況

重機オペレーターの就職先にはどんなところがある?

重機オペレーターを募集しているのは、大型の工場を持っているメーカーや土木作業や工事を行う建設会社が中心です。

ただし同じ「重機オペレーター」という求人だとしても、どんな現場で働き、どんなスキルが身につくかは、就職先次第といえるため、しっかりと事業内容を調べておく必要があります。

重機オペレーターの求人の状況

近年、国内では地震や台風という大きな自然災害が立て続けに起きたこともあり、被災地の復興支援の工事における重機オペレーターの需要が高まっています。

現地での人手不足を解消するためにも、求人が増えている状況が続いているようです。

また、東京オリンピックによる都市部の再開発は急務となっており、今後も新たな建築工事が増えていくでしょう。

しばらくは求人が多い状況が続くと考えられるので、この業界に飛び込みたい人にとってはよいタイミングだといえます。

重機オペレーターの就職先の選び方

雇用形態の違い

重機オペレーターの仕事は、勤務先の仕事内容や雇用形態を考えて選ぶ人が多くなっています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、自分の働き方やライフスタイルにマッチしているかを考えて選びましょう。

正社員の重機オペレーター

重機オペレーターの雇用形態にはさまざまな種類があります。

まずは工場や工事現場での仕事をしている企業に、正社員として雇われている正規雇用の重機オペレーターです。

企業に所属しているので、基本的にはいつも同じ職場で同じ業務を担当するのが特徴で、福利厚生面も充実していますし、月給制でボーナスがつくこともあります。

また、専門性の高い免許を取得することで手当がつく場合もあり、生活面では最も安定しています。

派遣の重機オペレーター

重機オペレーターは専門性が高いということもあり、重機を操作するための免許を持っている人や実務経験者が登録できる専門の派遣会社も多いです。

派遣の場合は非正規雇用になり、勤務地や工期、金額などの条件が合えば、単発で引き受けて現場に行くことになります。

この仕事は工事が終わるまでの短期間だけ遠方に派遣されるというようなケースも多く、現場の近くに住居や宿が用意されていることも珍しくありません。

高い技術力を持つ重機オペレーターは直々に声をかけられることになり、優秀な人材を確保するために次回以降の賃金が引き上げられることも珍しくありません。

契約社員やアルバイトの重機オペレーター

そのほかに、契約社員やアルバイトの募集もあります。

このような非正規雇用は、経験を積んだり免許を取得したりすることで正規雇用にキャリアアップできることもあるので、粘り強くチャンスを待つことが大切です。

重機オペレーターの求人の状況の志望動機・面接

重機オペレーターになる上で、志望動機はさほど重要視されることはありません。

自分の言葉でしっかりと熱意を伝えられれば問題ないでしょう。

また、部活や趣味などを通して身に付けた体力などをアピールできれば、より自己アピールにつながります。

重機オペレーターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

重機オペレーターは需要が高く、業界は人手不足に陥っていますので、就職先は全国どこでも見つけることができます。

一般の求人サイトやハローワークなどでも見つけることができますし、建設業界向けの求人サイトなど専門のサイトや求人誌を活用してもよいでしょう。