重機オペレーターの需要・現状と将来性

重機オペレーターの現状

重機オペレーターは高齢化などに伴い、慢性的な人手不足に陥っているのが現状で、近年常に求人募集が出ているような状況が続いています。

「未経験者歓迎」の求人も多く見られますし、短期間の派遣業務や住居を完備した上での募集も珍しくありません。

近年では東京オリンピックに関連した再開発が急速にすすみ、新たな建物の建築が増加しています。

今後もしばらくは重機オペレーターの需要が高い状態が続くと考えられるでしょう。

重機オペレーターの需要

重機オペレーターの需要は非常に安定しており、今後も仕事がなくなったり激減したりすることはないと考えられます。

重機オペレーターが活躍する土木工事や建設現場、工場での仕事などは、私たちが生活を送るうえで不可欠で、今後もなくなることはありません。

また、こうした仕事は景気などの影響を受けにくいため、求人も安定してあり続けるといえるでしょう。

重機オペレーターの将来性

あらゆる業界において、今まで人間が手作業で行ってきたことを機械化する動きが加速しています。

工場における機械化に関しては多くの人がよく知るところですし、自動車でさえ自動運転の開発が進み、数十年後には人間が運転をしない時代が来るのではないかと言われているほどです。

重機オペレーターにとっても、この問題は決して無関係ではありません。

今までは個人の知識と技術に全てを委ねられていた重機の操作が、いずれは高度なプログラミングによって、部分的にでも機械に取って代わられる可能性もゼロではありません。

そのため、人間にしかできない複雑な作業ができることや、高い経験値や優れた思考能力を持つことが今以上に求められる時代が来るでしょう。

重機オペレーターは専門性の高い職業であり、資格を取得すれば一生仕事に困らないといわれていましたが、今後自動化が進めば重機オペレーターが淘汰されていく可能性もあります。

時代の流れをよく掴みながら、常に自分の腕を磨く努力をすることが大切です。

重機オペレーターの今後の活躍の場

東日本大震災をはじめ、近年では地震や台風などの自然災害により、重機オペレーターの仕事が急増しています。

道路上のガレキの撤去や建物の取り壊しのためにはショベルカーが必要ですし、新たな道路や建物を建てる際には整地のためにブルドーザーが必要です。

また、資材の運搬にはクレーン車が使用されるなど、日本はほかの国よりも自然災害が多く、その後の復興に重機オペレーターの存在は欠かせません。

このような自然災害が続けば、必然的に重機オペレーターの出番が多くなりますし、こうした災害に備えるために、大規模な修繕作業を行ったり、工事をしたりするところも増えてきています。

自然災害後の復旧作業には、一般的な建築現場や工事現場とは違ったスキルが求められるため、さまざまな現場を経験し、熟練とよばれる重機オペレーターは、全国に活躍の場が広がっていくでしょう。