重機オペレーターになるには

まずは免許の取得を

重機オペレーターは専門性の高い仕事ですが、専門学校やスクールに通って知識や技術を身につけるというわけではありません。

この職業は学歴や年齢を問わないことが多く、とにかく実践の場で役立つ免許を取得していることが重要です。

それでは、免許はどのようにして取得することができるのでしょうか。

一般的なのは、自動車学校などで開講している「作業免許」のコースを受講することです。

ブルドーザーやパワーショベルなどの建設機械の運転の際に必要となる「免許証」または「技術講習修了証」を手に入れることができ、掘削や積み込みで使う機械を運転できるようになります。

この他にも建機メーカーが行っている講習があり、クレーンやフォークリフトの運転技能を身につけることができます。

入社してから免許を取得することも

上記のような免許を取得しておくことで採用試験の際に有利になることはありますが、企業によっては、熱意や体力さえあれば特に免許を持っていなくても問題はなく「未経験者歓迎」としているところもあります。

入社後に企業が費用や学習をバックアップしながら免許を取得させてくれるのです。

この場合は、入社前に特に必要な準備はありません。

「未経験者歓迎」の求人は意外と多いので、新しいことにチャレンジをしたい方は工場や建設会社などの求人を探してみるとよいでしょう。

まずは見習いからスタートを

もちろん、未経験者の場合、入社してから一人前のオペレーターとして仕事ができるようになるまでには厳しい指導を受けなければいけません。

基本的には「見習い」という立場からスタートし、現場の作業員として機材や資材を運んだり先輩のアシスタントをしたりしながら、重機の扱い方全般や危険の防止について学びます。

それと同時に免許取得のための勉強をし、無事に資格を取得できたら、簡単な作業から任せてもらえるようになります。

見習いのうちは給料も時給制となることが多く、体力的にもきついことが多いようです。

ここを乗り切ると一人前になれるので、長期的なスパンでキャリアを思い描くことが大切です。