重機オペレーターの仕事内容

重機オペレーターの仕事とは

重機オペレーターは、フォークリフトやクレーン車、ブルドーザーなどの大型の機械を扱う非常に専門性の高い職業です。

重機は工場や工事・建築の現場で作業をするために欠かせないものです。

この重機を安全にかつ正確に操作するためには、さまざまな知識や技術が必要です。

重機オペレーターとして働く際には学歴や年齢は特に問われないのが一般的ですが、免許を取得する必要があります。

重機オペレーターの業務の内容

重機オペレーターがどのような仕事をするかは、担当する重機や依頼の内容によって変わります。

たとえば大型の工場で需要があるのは、フォークリフトの操作をする業務で「プラント重機オペレーター」ともよばれます。

荷物が掲載されたパレットを持ち上げて運搬し、入荷や出荷の作業をスピーディーに行います。

工事現場で需要があるのは、ショベルカーの操作をする業務です。

長いアームを使って土の掘削作業を行い、ときには建物の解体で破壊する作業を行うときにも使われます。

建築の現場で需要があるのは、クレーン車の操作をする業務です。

クレーン車は高いところに資材を運んだり柱を立てたりすることができるので、都会のビルや高層マンションの建設には欠かせない存在です。

この他にも、整地作業を行うブルドーザーやコンクリートを固める作業を行うロードローラーなどの重機を操作する業務があります。

重機オペレーターの勤務先の種類

重機オペレーターの主な勤務先は、メーカーの工場や倉庫、土木工事会社、建築工事会社、建設揚重会社、リース会社、派遣会社などです。

工場の専属オペレーターとして働く場合はずっと同じ拠点で同じ作業を担当することが多いのです。

一方、工事現場や建築現場に派遣される業務の場合は、ひとつひとつの案件によって現場や工期が異なります。

重機オペレーターの仕事の流れ

重機オペレーターの仕事は、それぞれの工事現場や建築現場に割り振られることからはじまります。

当日は、工事の内容や日程、注意などを確認し、それぞれ仕事を分担し作業に取り掛かります。

短期の案件だと一週間ほどで終わることもありますし、長期の案件だと年単位に及ぶこともあり、さまざまな現場を転々としながら働くことになります。

すべての作業工程が終われば、点検を受けて工事を完了させます。

基本的には担当の現場を離れることはありませんが、仕事の受注状況や欠員などにより途中で現場が変わったり、別の現場に応援にいったりすることもあります。

重機オペレーターと関連した職業

重機オペレーターに関連する仕事としては、まず大工があげられます。

工事現場や建設現場では、大工が仕事をはじめられるよう、重機オペレーターが重機で資材や土砂などを運び出します。

現場では、大工が作業するために足場を組むとび職人や、整地をするなど土木工事の基礎を担う土木作業員も活躍しています。

また、大きな乗り物を扱うという点では、トラックドライバーなどとも共通点があるといえるでしょう。

大工の仕事