重機オペレーターのやりがい・楽しさ・魅力

重機オペレーターのやりがい・楽しさ

重機を扱うおもしろさ

重機オペレーターは、乗り物の運転や機械の操作が得意な人に人気のある職業です。

子どもの頃に大型のショベルカーやブルドーザー、クレーン車を見るのが大好きだったという男性にとっては、憧れの職業でしょう。

熟練になれば、重機をまるで自分の手足のように自由自在に扱うこともできますし、免許や資格を取得すれば、さまざまな種類の重機を扱えるようにもなります。

誰にでもできる仕事ではないことではないため、専門性を高めていくことも可能です。

もともと重機が好き、重機など大型の機械を扱うことに興味があるといった人には、うってつけの仕事でしょう。

現場を作り上げる感動

重機オペレーターにとってのやりがいは、工事や建設の現場が完成していく過程を自分の目で見ることができるということです。

まだ荒地だった土地に重機を持ち込むところからスタートし、土地の掘削やコンクリートを流し込むための型枠組み、コンクリートの打設等、現場はさまざまな工程を経て完成に向かいます。

全ての過程に携わるなかで、ひとつひとつの作業を成し遂げる達成感を味わうことができるでしょう。

ときには計画通りに進まないこともありますし、悪天候や自然災害によって想定外の難しい課題を抱えることもあります。

大型の案件になると数ヶ月から数年かかるようなものもあり、その分、完成したときの感動はより大きなものになります。

何年、何十年と経っても建物は残り続けます。

「この現場で働いた」「この建物を建てた」という誇りを胸に抱きながら現場を眺めることができるのは、重機オペレーターにとって幸せなことなのです。

重機オペレーターの仕事内容

重機オペレーターの魅力

なくてはならない仕事

近年は、地震や台風などの自然災害により、インフラが維持できなくなるケースが増えてきています。

災害の復旧では、人の役に立っているという実感も得やすいですし、近隣の住民から直接感謝されるなど、やりがいを感じることも多いでしょう。

こうした自然災害の復旧には重機は欠かせない存在で、災害の多い日本では、この仕事の重要性はますます高まっていくと考えられます。

スキルアップを目指せる

重機オペレーターの魅力は、ひとつひとつの重機の特性に合わせた操作スキルを学び、いかにして安全に効率良く作業をするかを考えて働けることです。

たとえば、工場内の積み荷の移動という単純な業務であっても、重機を操作する人間の熟練度によってかかる時間は大きく異なります。

工事現場や建築現場においては、高いスキルを持つオペレーターがチームに入ることで作業時間が大幅に短縮されることもしばしばあります。

他の作業員から「あなたがいると作業が早い」「現場が楽になる」といわれれば、誇らしい気持ちになるでしょう。

学歴や年齢ではなく、確かな腕を持っているかどうかが重要な職業だけに、優秀な人材に対しては高い報酬を支払う企業も珍しくありません。

スキルアップをめざして頑張りたい人にとっては、挑戦しがいのある世界です。