重機オペレーターへの転職・未経験採用はある?

重機オペレーターへの転職状況は?

近年は重機オペレーターの求人募集が多く、業界では慢性的な人手不足の状態が続いています。

その理由としては、地震や台風などの大きな自然災害に伴う復旧作業や、新しい建物の建築が続いていることがあげられます。

災害があれば、それに伴って求人が増えており、人員を確保するために「未経験者歓迎」として教育や研修の制度を整えている企業も珍しくありません。

たとえ資格を持っていなくても経験がなくても、熱意や体力さえあればゼロから人材を育てるという方針なのです。

重機オペレーターへの転職の志望動機で多いものは?

転職を目指す人は、もともと重機に興味があったという人や、復興に携わりたいという人が大半です。

また重機オペレーターは、働くにあたって学歴や年齢が問われることが少ないこと、一度資格をとれば一生利用できることも大きな魅力となっています。

重機オペレーターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から重機オペレーターになるには

見習いや作業助手からスタート

未経験者が採用されると、まずは重機オペレーターの見習いや作業助手からスタートします。

先輩オペレーターの仕事を手伝って指導を受けながら、重機の基本的な扱い方や現場での作業員同士のコミュニケーションの取り方などを実践的に学びます。

同時に、免許を持っていなければ、作業免許の取得のために講習に通います。

免許取得のための費用に関しては企業が出してくれることもあるので、入社の際に確認しておくとよいでしょう。

無事に資格を取得することができたら、一人前の重機オペレーターとして働けるようになります。

非正規雇用での採用

重機オペレーターの未経験者の場合は最初から正規雇用で採用されるとは限りません。

まずは派遣社員や契約社員、あるいはアルバイトなどの非正規雇用からスタートし、見習い期間は時給制で働くことも多いです。

ただし、仕事ぶりが認められれば正社員にキャリアアップできます。

単発の仕事が多い

非正規雇用からのスタートに不安がある人も多いでしょう。

しかし、もともとこの業界は解体工事や建築工事の案件があるときにだけ仕事が発生するので、日雇いや数ヶ月間の雇用など、期限を決められた短期雇用が非常に多い業界です。

人員が必要な際だけ求人をするという企業も多いので、転職を目指すのであれば、まずはこうした非正規雇用の求人に募集すると採用されやすいでしょう。

重機オペレーターへの転職に必要な資格・有利な資格

重機オペレーターを目指す際に最低限取得しておくとよい資格としては「自動車免許」があげられます。

重機の操作をするために必要となる、いわゆる「作業免許」に関しては就職後に取得することが可能ですが、重機の操作を覚えるためには自動車の操作が基礎となることも多いです。

できる限り早い段階で取得しておいたほうがよいでしょう。

企業によっては自動車免許を必須としているところもあるため、注意が必要です。

重機オペレーターに必要な資格・免許

重機オペレーターへの転職に役立つ職務経験は?

重機オペレーターの仕事は、未経験であっても、土木作業員やダンプカーの運転手など関連する仕事に就いていた場合は、業界に関する知識があるため転職にも有利になることがあります。

採用試験の際にはこうした仕事での実績をしっかりアピールするとよいでしょう。

重機オペレーターへの転職面接で気をつけるべきことは?

重機オペレーターになるには、見習いや作業助手として先輩から指導を受けます。

給料も時給制になるなど、厳しい待遇になることも少なくありません。

しかし、こうした期間を乗り越えて一人前の重機オペレーターになるという強い意志や目標を伝えることが大切です。

採用する側としても、せっかく採用し時間やお金をかけて育てていた新人がすぐにやめてしまえば、大きな痛手です。

重機オペレーターに対する自分なりの思いをしっかりと話せるようにしておきましょう。

重機オペレーターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

重機オペレーターでは、学歴や年齢に関しては問われないことが多いので、特に気にする必要はありません。

未経験から重機オペレーターの転職での志望動機

重機オペレーターの志望動機については、重要視されることはあまりありません。

それよりも、本人のやる気や情熱を見るケースが多いです。

重機を操縦したい、復興に携わりたいなど素直な気持ちを話すとともに、なぜそう思ったか、前職での経験をどう生かすかといった点をプラスできるとよりよい志望動機になるでしょう。