土木作業員の資格・免許

作業員は資格よりも免許

土木作業員は、現場で力仕事をしたり重機を運転したりといった仕事がメインになります。

そのため、「資格」よりも「免許」の方が必要になることが多いのです。

免許としては、作業に係る免許と、重機や車両の運転に係る免許があります。

作業に関わる免許としては、材料をクレーン等で吊るための作業である「玉掛け」や、クレーンを操作するためのもの、さらには足場の組み立てや石綿(アスベスト)にかかわる作業をするための「○○作業主任者」など、その種類は多岐に及びます。

運転に関わる免許としては、大型車両や大型特殊車両などの車輌関係のほか、ショベルカーやホイールローダー、モーターグレーダーなどの重機関係のものもあります。

これらは、土木作業員になる時点で持っていなくても、会社の方で講習などに行かせてくれることも多く、取る機会に恵まれやすいといえます。

監督になるのなら施工管理技士

土木作業員としての経験を積んでいくと、ゆくゆくは管理者の立場になっていきます。

管理者というとあまりはっきりイメージが湧きませんが、要は「現場監督」というものです。

この現場監督ですが、ある程度の大きさの現場になってくると、有資格者でないと勤まらなくなってきます。

そのための資格が「土木施工管理技士」というものですが、とくに1級土木施工管理技士は難易度も高い上に法律上も必要とされる場合があり、取得していればかなり評価が違ってきます。

つまり、ステップアップするための資格といえます。

この土木施工管理技師の資格は、受験資格として一定の実務経験が必要とされます。

とくに1級土木施工管理技師は、指定学科の大学等を出ていなければ、2級土木施工管理技師を取ってから一定の実務経験を積まなければ受験資格を得られませんので、取得するまでかなりの期間を要します。

ただし、先にも書いた通りステップアップのための資格で、資格手当などによる収入の増加や評価にもつながりますので、土木作業員がいずれは目指すべき資格といえるでしょう。