大工の仕事内容、役割

基本はやっぱり現場仕事

大工は主に、建築現場で木を使って骨組みをつくったり、外壁や屋根の下地や、床・壁・天井の下地を作る仕事です。

木造建築物でいえば、コンクリート基礎や屋根・外壁・内装の仕上げ以外のすべてにたずさわるという、重要なポジションにいる職人です。

実際に建築現場の指揮を取るのは現場代理人と呼ばれる現場監督の方ですが、現場監督は複数の現場を掛け持ちしたり、事務仕事もたくさんあることから四六時中、現場についていられません。

そのため、現場監督がもっとも頼りにするのが、現場に常駐する大工であり、実質的に現場を取り仕切るのは、大工なのです。

現場でする仕事

主に木造の建築で言いますと、仕事内容は、

・建前(骨組み)

・屋根下地組み

・サッシュ取付

・外壁下地組み

・床下地組み

・天井下地組み・天井下地板張り

・内部壁下地組み

・床材施工

・壁下地板張り

となります。

建前(骨組み)はたいてい1〜2日程度で終わらせ、その後、外壁下地組みまでは一気にやってしまいます。

屋根の下地も外壁の下地も、雨をはじくシートを施工しますので、そこまで一気にやって中が濡れるのを防ぐのです。

それらが終わってから内部の下地作りや造作に入ります。

なお、とくに内部の進め方は大工や工務店によって異なる場合がありますので、上の例とは異なる場合もあります。

和室などの特殊造作がある場合には、床下地組みが終わったあたりから特定の大工(棟梁が多い)が専属で取り組む場合が多いです。

それだけ、和室の造作というのは大工としてのスキルが必要で、多くの大工が「いつかは任されてみたい」と思う仕事なのです。

加工と組み立ての二本柱

大工の仕事は木造建造物の建築と修理です。これを行うために、必要な作業は使用する木材の加工とそれらを使った組み立てであり、この二つの作業を柱に大工の仕事は成り立っています。

木材の加工は主に工務店内に置かれる作業スペースで行います。

あらかじめ建築士から上がってきた設計図から寸法を見て木材を切り出し、整えていきます。

実際に現場で微調整を加えることもありますが、大方この段階で使う材料を仕上げていきます。

現場に出向いて作業をすることが多いイメージのある大工ですが、場合によっては加工中心の作業になる日もあります。

加工と組み立てという二つの作業はまったく性質の違うものであるとみることができるため、大工が一人前になるまでにはかなりの時間を要するのです。

肉体労働だけじゃない

大工の仕事は体を酷使するのはいうまでもありませんが、頭や神経もバランスよく使います。

仕事の段取りや納まりを考えるために頭を使い、他の職人といい関係を築いたり、施主の意向を汲み取ったりするために神経を使っています。

また、怪我や事故を防ぐために高い集中力も維持する必要があります。このように身体や心を全てバランスよく使えることが良い大工の条件です。

とくに経営者や責任のある立場にある大工はこれらのバランスが周囲に認められて初めて役割を果たすことができます。

見習いのうちは親方や兄弟子の姿から大工の技術のみならず、仕事に対するバランスのとり方も学ぶ必要があります。

最近はIT活用も

大工の仕事は現場仕事ばかりではありません。作業場で木材を加工したり、段取りをしたり、道具・工具の手入れをしたり、案外周辺業務も多いのです。

また、最近ではIT化も進んでいて、CAD(製図ソフト)を用いて自ら図面を書いたり、ワードやエクセルで日報や工程表をつくったりといったことも、一部ではしています。

とくにCAD技術は重宝されがちですので、若手で経験がなくてもそれを武器に活躍することができるようです。