大工の資格(建築大工技能士とは)、免許

必須の資格はない

大工になるのには、特別の資格は必要ありません。とにかく経験と腕があればよいのです。

国家試験に合格して登録をしたり、届出をするなどしなければ、大工を名乗って仕事をすることができないというわけではないのです。

技能を示す資格はある

大工を名乗るのに資格は必要なくても、その腕を客観的に示す資格は持っておいて損はありません。

それを示す資格というのが、「建築大工技能士」という資格で、1級から3級まであります。ちなみにこれは、国家技能検定と呼ばれます。

この検定は受験資格が定められており、1級は実務経験7年以上、2級は実務経験2年以上、3級は実務経験6ヶ月以上とされています。

つまり、技能を示す資格でありつつも、実務経験がある一定上あるという証明にもなってくるのです。

建築大工技能士試験の内容

試験の内容は、与えられた材木から屋根の小屋組みをものになります。

小屋組みというのは、三角が複数組み合わさってできるものですので、単に腕があるだけではダメで、それを加工するための計算ができなければなりません。

計算とはいっても電卓やPCを使うのではなく、さしがねというL字型の定規を使ってさまざまな角度を求めます。

それを材木に記し(墨付け)、加工して(刻み)、組み上げるのです。

とくに、1級で出される寄棟屋根(真上から見て四角い屋根の四面とも勾配が付いているもの)の小屋組みは、かなりの難易度になります。

寄棟屋根における個々の屋根同士がぶつかる場所は、平面で見ると45°ですが、屋根勾配がそこに加わりますので、その部分にかかわる部材の切り口は非常に複雑な角度になるのです。

三角関数や表計算ソフトを使えば簡単に求められますが、この技能試験ではさしがね一本で求めていくことになります。

こうして見事1級建築大工技能士になると、大工の中でも上級に位置することになります。

最近では建築士等の資格を求められることも

これまで大工は、建築大工技能士さえあればよいという感じだったのですが、最近は少々異なってきているようです。

それは、2級建築士や2級建築施工管理技師といった資格を求められるようになってきているのです。

2級建築士は建築の設計・監理をおこなうための資格であり、2級建築施工管理技師は現場監理をおこなうための資格ですので、直接は関係ありません。

ですが、これらの資格がないと、仕事を受注できなかったり工務店を経営できなかったりもしてくるのです。

加えて、直接の仕事でなくても、これらの知識があることは大工としても大きなアドバンテージとなりますので、できれば取っておきたい資格です。