薬剤師の転職事情

薬剤師の転職事情

薬剤師には待遇改善やキャリアアップを求め、転職する人も少なくありません。また薬剤師の資格があれば全国どこでも働くことができ、求人も多いため、転職しやすい職業といえます。

薬剤師のおもな就職先は、調剤薬局や病院、ドラッグストアなど資格をいかせる場に人気があります。

これらの就業先では、調剤業務がメインの仕事になります。

また製薬企業の医療情報担当者(MR)も人気があります。薬剤師の資格がなくても就業可能ですが、薬学の知識が求められるため、薬学部の卒業生が少なくありません。

薬剤師の仕事

しかし、薬剤師の資格があれば、これ以外の業種にもチャレンジすることが可能で、異業種へ転職するケースもあります。

薬剤師から異業種への転職

薬剤師が活躍できる職場は意外と広く、そのひとつは民間企業の研究者です。化学企業や食品企業の研究職などがあります。

公務員にも薬剤師の需要があり、国立病院や保健所、研究所などが就業先になります。市町村の食品衛生監視や自衛隊、麻薬取締官などにも薬剤師の求人があります。

また学校薬剤師も選択肢のひとつで、学校の保健室や理科室での薬剤の使用・管理をする仕事です。プールや給食などに対する検査も実施します。

未経験者から調剤薬剤師への転職

製薬企業のMRや研究者、臨床研究コーディネーターなど、薬学部の卒業生には調剤業務以外の職場に就職する人も少なくありません。

しかし、何らかの理由で調剤に転職を希望する場合もあります。

そうしたケースでも調剤薬剤師になることは可能で、調剤未経験の人を歓迎している薬局も少なくありません。即戦力を求めている薬局は難しいかもしれませんが、あえて未経験者を募集しているところであれば十分に可能性があります。

調剤薬局が未経験者を募集するのには、MRなどの経験者は接客がしっかりできる、経験がないからこそ成長が早い、他の職場での調剤の癖がない、という期待や理由があります。

また、調剤経験者であっても、各診療科で扱う薬が異なるため、転職すれば門前の診療所が変わることから最初は覚え直さなければならないことが山積みです。

ですから、未経験者の場合でも、調剤作業そのものについても勉強しなければなりませんが、勉強する必要があるという意味では経験者とそれほど大きな差はないとも考えられています。