薬剤師のやりがい・楽しさ・魅力

薬剤師のやりがい・楽しさ

患者さんと薬の架け橋に

薬剤師の大きなやりがいは、患者さんと薬の架け橋になれることです。

薬局で働く薬剤師は、薬を処方するときに必ず患者さんに薬について説明することになっています。

その薬がどんな効用があるのか、どのように服用すればよいのか、どんな副作用が考えられるのかを丁寧に説明して、患者さんに理解してもらうのです。

この説明によって患者さん自身が薬の正しい知識を持つことで、確実な服用につながります。

何度も薬局を訪れる患者さんが、自分の手渡す薬によって症状が改善していくのを見ると、薬剤師は治療をサポートしている喜びを感じることができるでしょう。

とくに最近では、医療現場での「インフォームドコンセント(患者さんが医師から十分な説明を受けた上で治療方針に合意すること)」が重視されはじめたことや、インターネットの普及で一般人でも簡単に医薬品の情報を調べられるようになったことから、自分の使っている薬に関心をもつ患者さんも増えてきました。

薬を手渡されるとき、薬剤師に積極的に質問してくる人も増えています。

こうした患者さんに対して、わかりやすい説明ができて「あなたに聞いてよかった」と声をかけてもらえたときにも、やりがいを感じられるでしょう。

投薬のミスマッチを防ぎ、患者さんの健康を守る

薬剤師が窓口で患者さんとやりとりをするなかで、患者さんがアレルギーを持っていることや妊娠していることがわかる場合があります。

こうした場合、健康体の人が薬を飲むときとは違う副作用が起こる可能性があるため、すぐに治療方針を変えるなどの対応が必要です。

このようなことは、本来は病院の診察のなかで発覚すべきことではありますが、短時間の診察のなかで医師が気づくきっかけがなかったり、患者さん自身がそのときには言い出せなかったりすることもあります。

薬の最終確認を行う薬剤師は「薬のミスマッチによる健康被害を未然に防ぐ」という大事な役割を果たす存在です。

薬剤師のなかには、こうした使命感のもと、薬局を訪れる患者さん一人ひとりにとくに丁寧なカウンセリングを行うことを大事にしている人もいます。

また、厚生労働省の指針でも、近年このような薬剤師の役割を重要視する動きが生まれつつあります。

薬剤師の仕事内容

薬剤師の魅力

女性が活躍できる仕事

薬剤師の有資格者は女性が多いことから、調剤薬局や院内薬局など、薬剤師として勤務する就業先でも「女性の働きやすさ」を大事に考えるところが増えているようです。

社員やスタッフ間でフォローやサポートをし合って勤務できる体制づくりを進めている企業であれば、子育てや介護、家事などと仕事を両立させやすいです。

また、残業に関しても突発的な場合を除けば安定して定時で終業できる職場が多くあります。

薬剤師は、家庭を持つ女性が長くキャリアを築いていきやすい職業だといえます。

転職に有利であること

薬剤師の多くは転職経験があるといわれます。

薬剤師が転職を考える理由はさまざまですが、ひとつは「自分のライフスタイルに合う環境で働きたい」といいうものが挙げられます。

新卒で免許を取ったばかりの薬剤師であれば、キャリアのため、残業や通勤時間も気にせず働くことができるかもしれません。

しかし人生には結婚や出産、親の介護など、さまざまなライフイベントがあります。

結婚にともなう引っ越しで勤務先を変えなければならないこともあるでしょうし、出産や育児でフルタイムでは働けなくなることもあるでしょう。

そのようなときでも薬剤師免許があれば、環境変化に合わせて転職や再就職をすることは難しくありません。

とくに薬剤師としての豊富な業務経験があれば、勤務地や勤務時間などの条件を選びながら、より自分にとって有利な転職や再就職も実現可能です。

薬剤師は専門職であるため給与や待遇がよく、他の職種と比較しても好条件で転職先を探しやすいとされています。

この点も、薬剤師として働く魅力でしょう。