薬剤師の求人状況・就職先の選び方

薬剤師の就職先にはどんなところがある?

一般的によく知られている薬剤師の活躍の場は、調剤薬局です。

「調剤」とは、医師が出した処方せんをもとに正しい分量で薬を調合することです。

調剤をする際には、医師が指示した薬がその患者さんにとって問題がないかの確認も欠かせません。

近年急速に進められている「医薬分業」という方針に従って、医師から独立して薬剤を確認することにより、投薬ミスによる医療ミスを防ぎます。

また、病院で働く薬剤師もいます。

近年、医師、看護師栄養士などで役割を明確に分担する「チーム医療」を進める病院が増えています。

調剤薬局と比較し、病院に勤務する院内薬剤師には、より高度な知識が必要とされています。

薬剤師の勤務先の種類と仕事内容の違い

薬剤師の求人の状況

日本において、一般用医薬品を販売できるのは薬剤師と登録販売者のみです。

医薬品は私たちの生活に欠かせないものですから、薬剤師は今後も変わらず求められていく仕事と考えることができます。

近年は薬剤師の有資格者が増え続けており、都市部では大手企業など人気のある薬局等への就職・転職はややハードルが高くなっているようです。

一方、地方では薬剤師が不足している地域もあり、まだまだ全国的に見ると求人は多数出ています。

薬剤師の就職先の選び方

薬剤師の仕事内容や待遇は、勤務する調剤薬局や病院などによって大きく異なります。

入ってからこんなはずではなかったということがないために、事前に疑問点はしっかりと確認しておきましょう。

また、薬剤師資格を生かして就職できる先は、調剤薬局や病院、公務員など多岐にわたります。

MR」として製薬会社で働くことも可能です。

就職先の種類によって携わる業務内容が大きく異なることも薬剤師の特徴です。

自分のやりたいことや適性を見極めながら、就職先選びをしていきましょう。

薬剤師の志望動機・面接

薬剤師の就職先として最も多いのは、調剤薬局やドラッグストアです。

手に職をつけられる専門職であることや、専門性を武器に高時給が見込めることなどが、薬剤師の志望動機としてよく聞かれます。

また、女性にとっては「結婚や出産で退職しても働きやすい」「プライベートを充実させながら仕事を長く続けることができる」といった安定性が魅力のようです。

薬剤師は、パートなどの非常勤であっても、国家資格を生かすことによって短時間で比較的よい収入が見込めます。

もちろん、困っている患者さんの力に立てる仕事という、仕事内容や役割そのものに魅力を感じてる人も大勢います。

医療に関わる需要な仕事だからこそ、志望動機を考える際には、各地域に根差した勤務先で、どのように患者さんの役に立ちたいのかをアピールするとよいでしょう。

薬剤師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

薬剤師の求人は、一病院、調剤薬局、ドラッグストアなどで多く出されます。

地域に密着した調剤薬局やドラッグストアの場合は、店舗に求人が貼り出されたりチラシが置かれたりしているケースもありますし、タウン誌などの求人欄に求人情報が掲載されることも多いです。

また、大手の調剤薬局やドラッグストアの場合は、企業のホームページに求人情報を公開しているケースもあります。

気になるドラッグストアなどのホームページや店舗を確認してみるといいでしょう。

このほか、ハローワークを通じて求人を紹介してもらうことや、医療職専門の転職サイトや転職エージェントを活用することも可能です。

薬剤師の「就職・転職」の口コミ投稿

  • 就職・転職
    就職・転職

    薬剤師 Lemiさん

    38歳 女性 経験5年 北海道

    現職(その他)


    初めは研修が充実していてOJT指導のある会社がオススメです。初めに基礎を身につける事が大切だからです。

    面接では、ハキハキと明るく受け答えのできる、素直な人物が好まれます。

    自分ならどんな人と一緒に働きたいと思うか考え、実践しましょう。

  • 就職・転職
    就職・転職

    調剤薬局の薬剤師 apidraさん

    30歳 男性 経験5年 千葉県

    現職(正社員)


    前の職場で何をしていたか、どんなことを経験していたかなどを確認される会社さんが多いです。

    その人の得意な店舗に配属されるので、正直に答えた方が良いでしょう。

    転職先はまだまだありますので転職しやすい業種です。