薬剤師のつらいこと・大変なこと・苦労

薬剤師のつらいこと・大変なこと

薬剤師は患者さんの命や健康にかかわるとても重要な職業です。

プレッシャーは大きいですが、そのぶん専門家として、大きなやりがいも感じることができるはずです。

ミスの許されない緻密な作業

薬剤師にとって最も一般的な仕事は「薬を調剤すること」です。

実は、これはとてつもなく緻密な作業と慎重さが必要な仕事です。

医師の処方せんに書いてある薬の分量は、○ミリグラム、○ミリリットルというように細かく定められています。

薬の種類によっては少しの誤差でも副作用が出ることがあるため、薬剤師はこの数値からずれないように丁寧に計測しながら薬を作らなければなりません。

休み明けや連休前のような患者さんの多い日には、朝から晩までひっきりなしに、この調剤作業が続きます。

長時間にわたってミスなく緻密な作業を続けることができる集中力が必要とされます。

薬の勉強は一生続く

医薬品は、時代の移り変わりとともに大きく進歩していきます。

新薬が出るたびに薬局で取り扱う薬の種類は変わりますし、絶大な効能がうたわれていた薬の副作用が明らかになったことで服用の仕方が変わることがあります。

薬剤師は、こうした新しい知識を常に吸収していかなければ、患者さんに薬の説明をすることができなくなるので、常に勉強がつきものです。

特に女性の薬剤師の場合、育児等で数年間現場を離れると、復職したときには薬の種類が大きく変わっているということがありえます。

薬剤師を続けるためには、一生勉強をし続ける覚悟が必要です。

これらが、薬剤師として働く場合に大変だと感じる代表的な理由ではないでしょうか。

薬剤師の悩み

薬剤師の仕事は、ただ薬を処方して患者さんに渡せば良いというわけではありません。

その薬がどんな効用のあるのか、どのように服用すれば良いのか、どんな副作用が考えられるかを丁寧に説明して患者さんに理解してもらうことも大事な仕事です。

もしも説明がうまく伝わらなくて、薬を飲み間違えてしまったり、服薬し損ねてしまったら、副作用が出て大変なことになります。

薬によっては命に関わることもあるため、患者さん自身に正しい薬の知識を持ってもらうことは絶対に必要なことなのです。

しかし、薬局を訪れる患者さんのほとんどの人が医療の知識を持たない一般人です。

さらに高齢化社会が進む近年では、患者さんの多くがお年寄りという状況にもなってきています。

若い人であれば飲み方がわからなければインターネットで調べることもできるかもしれませんが、お年寄りにとっては薬局の窓口での薬剤師の説明が全てなのです。

こうした人たちに、一度で「正しく」「わかりやすく」薬のことを説明するのは、実はとても難しいことです。

薬剤師は、薬の知識と同じくらいに、コミュニケーション能力が求められる仕事とも言えます。

どうやったらうまく説明できるのか、日々頭を悩ませている薬剤師も少なくありません。

薬剤師をやめる理由で多いものは?

人間関係がつらい

薬剤師という職業がつらいのではなく、現状働いている職場がつらいと感じている場合もあります。

特に常に緊張感や責任を求められる医療現場における人間関係の形成に壁を感じた場合などに、もっと自分の能力を活かせる環境はないか、転職を考えるきっかけになるようです。

職場の人間関係や労働時間が長くて、悩んでいる場合は、職場を変えることで楽しく働けるようになる場合があります。

ルーティンワークが続く日々

薬剤師は、患者さんの健康や命を左右する医薬品を扱うという非常に責任ある仕事を担います。

また、常に緊張感をもってたずさわる仕事ですが、一方で、環境によっては単調な作業の繰り返しなので、根気がないとやりがいを見いだせなくなる、ということもあるようです。

特に調剤薬局に勤務する薬剤師の一日の仕事のメインは、「受け付けた処方せんにそった調剤」、「薬歴管理」がメインになります。

ある意味で決まった日々の仕事の流れを繰り返すともいえるため、ルーティンワークになりがちだと感じるかもしれません。

これらの理由で、職場の環境や業務の内容を変えてみたいと感じる薬剤師もいるようです。