薬剤師の給料・年収

安定した収入が魅力

薬剤師というのは、国家資格を取得した人しか就くことのできない職業です。医薬品のスペシャリストとして、薬の調剤や新薬の開発に携わります。

こうした仕事は非常に専門性が高く、医療現場を支える責任重大な仕事でもあることから、収入も安定していることで知られています。

大手の薬局や病院に就職すると、新人の平均年収がおよそ400万円で、全体の平均年収ではおよそ520万円になります。大手のドラッグストアで店長クラスになると、さらに年収はアップします。

地方においては、薬剤師が不足しているところもあり、よりよい待遇で働ける可能性があります。

また、製薬会社は給料が高いことが多く、実力次第で年収800万円を超えることも可能ですし、独立開業して調剤薬局やドラッグストアを開くことで、より高い報酬を手にする人もいます。

薬剤師の場合、給料がずば抜けていいというよりも、その安定性に魅力を感じている人も多いようです。

薬はコンスタントに売れるものなので、一般企業のように売り上げに給料が大きく左右されるということはなく、生涯を通して安定した収入を得ることができます。

福利厚生が充実していることも

薬剤師は、女性が多い職業としてよく知られています。このため、大手の調剤薬局や病院では育児や介護による休業制度を設けているのが一般的です。

もしもこうした休業制度を使わずに退職してしまったとしても、薬剤師は派遣社員やパート・アルバイトの薬剤師としての働き口がたくさんあります。

派遣社員やパート・アルバイトの給料も、一般的な仕事に比べると高く設定されていることが多く、時給1500円〜2500円ほどになります。

薬剤師の資格を取得している人は、正社員以外の働き方でも比較的多くの収入を得ることが可能なのです。

薬剤師の平均年収統計

厚生労働省の平成30年賃金構造基本統計調査によれば、薬剤師の平均年収は38.6歳で544万円ほどとなっています。

統計上の数字ですので、勤務地や勤務先によっては、もっと高い給与を見込むこともできます。

・平均年齢:38.6歳
・勤続年数:7.6年
・労働時間:162時間/月
・超過労働:12時間/月
・月額給与:379,900円
・年間賞与:877,100円
・平均年収:5,435,900円

出典:厚生労働省「平成30年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成30年 薬剤師の年収(規模別)

薬剤師の統計上の平均年収は、10〜99人の事業所に勤務する人が最も高く609万円となっています。100〜999人の事業所の平均年収は531万円、1,000人以上は531万円、10人以上平均544万円となります。

薬剤師の年収(規模別)

平成30年度 薬剤師の年収(年齢別・男女別)

年齢別の薬剤師の平均年収で最も高いのは、男性が55~59歳の692万円、女性は45~49歳の613万円となっています。

女性のほうがやや年収が低い傾向にあり、平均年収は男性の575万円に対して、女性は525万円と50万円ほど低い数字となっています。

薬剤師の年収(年齢別)

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。
「年収が高い職場に転職したい」と考えている薬剤師の方は、高待遇求人を多く保有している薬剤師専門の転職サイトを利用しましょう。

5万件以上の求人を保有しているマイナビ薬剤師は、年収600万円から1000万円の高待遇求人の紹介も実現しています。