薬剤師の働き方・雇用形態の種類

薬剤師の働き方

多様化するライフスタイルのなかで、特に薬剤師は正社員、パート・アルバイト、派遣社員、契約社員と、さまざまな雇用形態で就職先を探すことができます。

雇用形態の選択しだいでは給与待遇や福利厚生、仕事内容、時間の使い方などに大きな影響がでてくるでしょう。

正社員やパート・派遣などの非正規雇用では、それぞれにメリットやデメリットもあります。

それぞれのライフステージに合わせて働き方をスムーズに選択できるよう、薬剤師の雇用形態をみてみましょう。

薬剤師の雇用形態の種類

一般的な雇用形態として、4つの働き方を見てみましょう。

正社員ではたらく

週5日、一日8時間程度の定時でフルタイムで働くワークスタイルです。

調剤薬局やドラッグストア、病院、製薬会社など、基本的な雇用形態として多くの就業先が正社員での求人を出しています。

しっかりした社会保険や福利厚生、研修会などの教育研修制度、ボーナス・退職金、昇給、キャリアアップのチャンスなど、安定した雇用環境のなかでやりがいを感じながら働けるのが大きなメリットです。

パート・アルバイトではたらく

日数と時間に応じて給料を得られるワークスタイルで、だいたい時間給いくらという形で求人が出ることが多いようです。

出勤時間や曜日の相談が可、という求人も多く、シフト制の勤務である場合がほとんどなので、フルタイム勤務が難しい場合でも子育てやプライベートに合わせて勤務時間を調整できる点がメリットといえるでしょう。

就業条件によっては、社会保険や厚生年金、雇用保険に加入することも可能ですし、条件を満たせば有給休暇も与えられます。

派遣社員ではたらく

派遣会社の社員として、就業先に派遣されて働くワークスタイルです。

即戦力として高時給で働きながら、経験を活かしてさまざまな職場で視野や経験を広げたい、自分なりのライフスタイルを自由度高く確保したいという薬剤師にぴったりな働き方です。

未経験での採用はむずかしくありませんが、待遇の面で経験値のある薬剤師と差がつくこともあります。

就業場所や時間、給与など、条件でしっかり職場を選ぶことができるのでもっともよい条件で働きたいと考える場合に有利な働き方です。

紹介予定派遣ではたらく

のちのちはその就業先で正社員・パートなどで就業することを前提に、まずは派遣社員として一定期間就業するワークスタイルです。

派遣期間中に仕事内容や職場の雰囲気など自分にマッチした職場かを確認できるのが魅力です。

人間関係や職場の雰囲気、実際の業務内容など、働いてみなければわからない職場の中がしっかりわかりますので、いきなり正社員などとして就職を決めてしまうのはためらわれる、という人には最適な働き方です。

女性薬剤師に人気の働き方

家庭と両立を考える女性薬剤師にとって、仕事最優先でバリバリ働く環境とはまた違う職場環境で仕事ができる働き方は魅力でしょう。

なかでも、薬剤師は平均的に高時給な求人が多いので、よりよい就業先を選ぶことができます。

アルバイトの薬剤師

薬剤師は資格を持っている人しか就くことのできない職業であり、専門性の高い職業です。

このため、病院や調剤薬局での需要も高く、正社員以外にもさまざまな働き方の求人があります。

そのひとつがアルバイトです。

薬局やドラッグストアに行くと「薬剤師のアルバイト募集」の求人広告が貼ってあるのを見かける機会があります。

求人広告の労働時間を見てみると「平日だけ」あるいは「都合がつく時間帯だけ」でも良いというケースも多く、なんとしてでも薬剤師を雇いたいと考えているのが伺えます。

では、なぜ店側はそうまでして薬剤師を雇いたいと考えているのでしょうか?

その理由は、薬事法にあります。

現行の薬事法では、薬の種類によって販売できる人を定めています。

薬剤師ではなくても販売できる薬「第二類医薬品」「第三類医薬品」に対して、薬剤師でなければ販売できない薬「第一類医薬品」があり、アレルギーの薬や胃薬、禁煙補助剤などは後者にあたります。

つまり、ドラッグストアは薬剤師がいないと後者のような薬を販売できないのです。

そこで、薬剤師にアルバイトとしてお客さんの多い時間帯だけ出勤してもらいたいと考える店も多いのです。

薬剤師のアルバイトは、比較的「売り手市場」と言えるでしょう。

アルバイトの薬剤師となった場合、労働時間は一日数時間からOKで、勤務も「平日だけ」「休日だけ」と臨機応変に対応してもらえることが多いようです。

薬剤師のアルバイトは、その専門性の高さから時給も高く、時給1500~2500円ほどになることは珍しくありません。

一般的なパートやアルバイトと比べても割の良い仕事と言えるでしょう。

薬剤師のアルバイトをしているのは主に既婚者の女性で、結婚や育児でフルタイムでは働けないけれど資格を生かして働き続けたいという人たちが、アルバイトとして活躍しています。

派遣の薬剤師

もうひとつが「派遣の薬剤師」という働き方です。

この場合、派遣会社の社員となって、派遣先へ出向して働きます。

ただし、もちろん一般的な派遣社員のように「企業で事務職に就く」というわけではなく、あくまでも病院や調剤薬局で薬剤師として働きます。

実は、薬剤師は女性が多い職業であり、出産に伴う産休や育休の取得などで一時的に人員不足になる職場が非常に多いのです。

こうした穴埋めをするための存在として派遣社員へのニーズが高く、「薬剤師専門」の派遣会社も何社も存在しています。

派遣社員の薬剤師となった場合、ひとつの職場で働く期間は大体半年~3年ほどです。

一定期間ごとに更新になるケースが多いのですが、一部の求人では「紹介予定派遣」となっていることもあります。

「紹介予定派遣」というのは、いずれ雇用することを前提とした派遣のことで、派遣社員として数か月働いて能力が認められれば、そのまま正社員か契約社員へと雇用形態が変わります。

派遣社員の薬剤師のなかには、こういった求人に応募して派遣社員から正社員への道を掴みとる人もいます。

薬剤師の派遣社員は、その専門性の高さから時給も高く、時給3000円以上になることもあります。

一般的な派遣の仕事と比べても割の良い仕事と言えるでしょう。

派遣社員の薬剤師として働いているのは主に女性で、結婚や育児でフルタイムでは働けないけれど資格を生かして働き続けたいという人たちが、派遣社員として活躍しています。