薬剤師になるための学校と費用(大学・専門学校)

薬剤師になるための学校の種類

薬剤師になるためには、薬学系の大学へ進学することが必須です。

薬剤師は、国家資格である薬剤師資格を取得している人だけが就くことができる職業です。

薬剤師資格を得るためには、大学の薬学部か薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を卒業することが条件となります。

薬剤師をめざす人は、薬学系の大学に入学し、「有機化学」や「生化学」「薬剤学」「疫病学」などの授業から調剤薬局での実習まで、6年間にわたって薬学に関する幅広い知識や技術を身につけます。

かつて薬学部は4年制でしたが、平成18年4月の入学者からは6年制の課程を終えなければ薬剤師国家試験を受験できなくなりました。

短期大学や専門学校、また通信教育などでは薬剤師資格はもちろん、薬剤師国家試験受験資格も与えられません。

6年制薬学部を卒業することが唯一のルートとなりますので、注意が必要です。

薬剤師国家試験は年1回、全国の大都市で開催されます。

試験では薬学の専門知識のほかに法規や倫理も問われ、膨大な試験範囲の国家試験です。

試験に合格して申請すると晴れて厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、薬剤師免許が与えられます。

薬剤師になるには? 資格はどうやってとればいい?

薬剤師になるための大学・学部

文部科学省や厚生労働省の方針によって、新たな薬学部の設立が相次いだ結果、現在薬学部は飽和状態にあります。

そのようなたくさんある大学では、同じことを学ぶ薬学部でもカラーはさまざまです。

また、短期大学、専門学校、大学の夜間部、第二部等は一切存在しません。

つまり薬剤師になるには最低でも6年間は大学に通わなければなりません。

薬剤師の資格で行える仕事は薬局や病院での調剤、鑑査業務、服薬指導だけではありませんので、それに対応するため、薬学部は狭く深くというよりは、広く浅くさまざまなことを学びます。

薬学部の教育カリキュラムは、文部科学省によって示される薬学教育モデル・コアカリキュラムにのっとって進められます。

薬学教育モデル・コアカリキュラムとは、6年制の学部におけるカリキュラム作成の参考となる教育内容をガイドラインとして提示したもので、具体的な授業科目等の設定や教育手法等は各大学の裁量に委ねられています。

基本的に薬学科はデル・コアカリキュラムに沿った内容ではありますが、主にどこに力を注いで授業を進めているのかによって大学ごとの特色は大きく異なります。

同じ薬学部であってもどんな大学を選ぶかで、入学後の大学生活は大きく変わるといえるでしょう。

薬学系の大学の学費はいくらかかる?

6年分の学費が必要

薬剤師は、国家資格を取得している人だけが就くことができる職業であり、国家資格を取るためには薬学が学べる大学を卒業することが必須条件です。

薬学系の学科を設置している大学は「国立」「公立」「私立」とさまざまな大学があります。

かつて薬学部は4年制でしたが、平成18年4月の入学者からは6年制の課程を終えなければ国家試験を受験できなくなりましたので、薬剤師になるためには、確実に大学6年分の学費が必要になるということです。

それでは、6年間でどれくらいの学費が必要なのでしょうか。

国公立大学の場合

まずは、国公立大学の場合、入学金がおよそ28万円、授業料が年間およそ53万円です。

6年間の学費は全部でおよそ350万円になります。

大学によって実習費など多少の差はありますが、国立の場合は大体このくらいの金額になります。

私立大学の場合

一方、私立大学の場合、入学金がおよそ40万円、授業料が年間およそ134万円です。

これ以外に施設費などが60万円ほど必要になるのが一般的で、6年間の学費は全部で1200万円を超えることも珍しくありません。

6年間という長いスパンで考えると、国立大学と私立大学では学費に大きな差があるのが実情です。

特待生制度・奨学金

学費が高額になる薬学系の一部の私立大学では、「特待生」の制度を設けているところがあります。

いわゆる成績優秀者の学費を一部免除する制度で、この制度を使うことで通常よりも安い学費で私立大学を卒業することが可能です。

ただし、特待生の枠は数が少なく、非常に難関です。

特待生をめざすのであれば、入試の時点からずば抜けた成績を収めることが必要です。

大学の用意している奨学金によっては、2年次や3年次以降、一年単位で認定される奨学金や、貸与型の奨学金などもあります。

私立大学を検討する場合は、調べておくとよいでしょう。

薬剤師の学校選びのポイントは?

薬剤師を目指すなら、6年制の薬学科のある大学の選択が必須になります。

薬学系の学科を設置している大学は国立、公立、私立を合わせると全国に74校あります。

どの大学も、必修科目など基本的なカリキュラムは変わりませんが、国家試験をパスしないと薬剤師にはなれませんので、国家試験の対策が充実しているかどうかが重要なポイントになります。

大学によっては、薬剤師養成よりも研究者養成に力を入れているところもあります。

国公立大学に多い傾向にありますので、毎年の薬剤師国家試験の合格率などをチェックしておく必要があるでしょう。

また、大学によっては漢方について学べる薬学科もあるので、東洋医学に興味がある、将来、漢方にまで幅を広げたいというのであれば、そのような特色ある大学を選ぶのもひとつの方法です。

加えて、何度も実習をこなさなければならない薬学科ですので、実習の環境が整っているかどうかも大切です。

基本的なカリキュラムのほかにどのようなプラスαの教育内容があるかをチェックしましょう。