薬剤師の1日・生活スタイル

薬剤師の業務スケジュール

薬剤師の代表的な活躍の場は、調剤薬局です。

調剤薬局で接する薬剤師の主な仕事というと、「処方箋を受け取って患者に薬を渡す」というイメージが強いかもしれません。

患者さんが薬をもらいに訪れる調剤薬局において、1日の中のメインの仕事は薬の受け渡しなどの“接客”ですが、もちろんそれ以外にもいろいろなことをしています。

ここでは、調剤薬局と、病院の院内薬局で働く薬剤師の一日の仕事の流れをそれぞれ見てみましょう。

調剤薬局で働く薬剤師の1日

調剤薬局で働く薬剤師は、店舗の開業時間に合わせてだいたい9時~17時頃に勤務するのが一般的です。

薬の受け渡しや発注業務、在庫管理や服薬指導など、勤務先によって接客販売業務の比重が異なってきます。

まずは調剤薬局勤務の薬剤師を例に挙げて見てみましょう。

調剤薬局の薬剤師は、開局後閉局まで、基本的には調剤、監査、服薬指導、薬歴管理記録などを行います。

調剤薬局勤務の薬剤師のスケジュール

8:50 出勤・開局準備
タイムカードを押し、計測機械の電源を入れて制服に着替えます。
隣接する病院やクリニックが開院すると、時間差で患者さんが来局し始めます。
9:00 レジ準備・開業準備
店舗内の掃除も分担して行います。
9:05 朝礼
前日からの引き継ぎノートなどを確認、他のスタッフと必要な情報を共有します。
9:30 開店
患者さんの処方せんを受け取って調剤作業へ。
11:00 調剤業務
患者さんが持ってくる病院やクリニックなどの処方せんに基づき調剤していきます。

その際、患者さんから体調の聞き取りや副作用の説明などを行い、薬歴に登録していきます。

局内では、患者さんに服薬指導、薬歴管理記録なども行います。

13:00 休憩
隣接するクリニックの午前診察が終わり、患者さんの来局が落ち着くと順番に休憩を取ります。
14:00 医薬品の発注、在庫管理など
病院の午後の診療再開とともに、再び調剤作業へ。薬の仕分けや在庫確認、自家製剤の準備も行います。
診療科目の多い総合病院の処方せんを応需している場合は、複雑な調剤業務も多く幅広い対応力が問われます。
17:00 在庫確認
薬剤の在庫確認や補充発注などを行い、自家製剤なども空いたタイミングで準備しておきます。
早出の日はこの時間に帰ります。
19:00 閉局
すべての処方が終わると、その日の業務は終了です。
FAXなどで受け取った処方せんなどの調剤を準備し、次の日以降に取りに来る患者さんの準備もしておきます。

院内薬局で働く薬剤師の1日

次に、病院内にある院内薬局に勤務する薬剤部の薬剤師の1日を見てみましょう。

病院内にある院内薬局や薬剤部勤務の薬剤師は、入院患者への調剤や点滴薬の調合などを行うほか、患者の服薬相談や指導などの対応にもあたります。

また医師看護師などの他のコメディカルスタッフと組んでチーム医療にかかわるため、症例会議や打合せの場も多くなります。

午前中は打合せ、午後からは患者対応、夕方から再度打合せ、という流れが多くなっています。

もちろん就職先に応じて具体的な仕事内容は変わりますが、患者さんとコミュニケーションをとることが重要な業務のひとつであることは、勤務先によらずかわりません。

院内薬剤部勤務の薬剤師のスケジュール

8:00 出勤
出勤後はまず、本日の1日の仕事内容確認、自身の受け持ち診療科の当日入院予定の患者数や昨日退勤後に入院した患者さんの状態を把握し、準備を行います。
8:30 ミーティング
ミーティングの主な議題は、当直帯の申し送り、各担当の報告事項についての共有です。

ミスが起こらないよう、みんなで何重にもチェックを重ねます。

9:00 計数調剤・注射調剤業務
散剤、水剤などの計数調剤や分包器での作業、注射調剤の監査などを分担して行います。

曜日によっては、抗がん剤混注なども業務に加わります。

12:00 昼食
今日は週に一度の症例検討会です。ランチを取りながら行います。
13:00 病棟業務
午後からは病棟に上がり、担当診療科や患者さんの持参薬鑑別、薬剤の投与量チェック、服薬指導を行っています。
17:15 業務終了

勤務する先によって業務内容が異なる

調剤薬局に勤務する薬剤師のメインの業務は、「薬の受け渡しや服薬に関する」業務です。

店舗が開業したら、持ち込まれる処方箋に基づき、早速調剤作業が始まります。

患者さんから処方せんを受け取ったあと、病状に関する簡単なカウンセリングを行い、問題がなければ薬を調剤して手渡します。

それぞれの患者さんがどんな薬を服用しているかを記録した「お薬手帳」を発行することもありますし、患者さんからの質問や相談に応えることもあります。

また、病院が混みあう午前中が最もあわただしく、調剤薬局も忙しくなりがちです。

朝一番の患者さんから午前中最後の患者さんが終わるまで、薬剤師はほとんど休憩をとることもなく立ちっぱなしで働くことも少なくありません。

院内薬局や薬剤部で働く薬剤師は、午前中に主に調剤業務に当たります。

処方薬や使用する薬剤の準備などを手分けして行っていきます。

午後からは入院病棟の患者さんの治療に関する業務にあたることが多く、カンファレンスや会議、また病棟を回り受け持ちの患者さんや担当のコメディカルスタッフとやり取りをします。

手術前・術後の患者さんがいる場合には、投薬や聞き取り、経過状況の共有なども合わせて行っていきます。

薬剤師の勤務時間・休日・夜勤はある?