スポーツファーマシストの仕事内容・役割

スポーツファーマシストとは

スポーツファーマシストは、最新のアンチ・ドーピング規則に関する情報・知識を持ち、 アスリートを含めたスポーツ愛好家に対して、薬の正しい使い方の指導などを行う薬の専門家です。

薬剤師の資格を有する人が、(公財)日本アンチ・ドーピング機構が定めるアンチ・ドーピングに関する内容に関する所定の課程を修了後に認定される、2009年開始の比較的新しい専門資格です。

ドーピングとは、おもに薬物を不正に使用し、精神・肉体を強化すること、およびそれを隠蔽することを指します。

フェアプレーの精神に反するとして、スポーツ界全体で禁止されています。

世界的なアンチ・ドーピングの流れにより、日本でも2005年、国際アンチ・ドーピング条約が批准されました。

こうしたなか、2009年、ドーピングを防止するために開始されたのが「スポーツファーマシスト」です。

スポーツファーマシストの役割として、(公財)日本アンチ・ドーピング機構は「国民体育大会に向けての都道府県選手団への情報提供・啓発活動等」及び「学校教育の現場におけるアンチ・ドーピング情報を介した医薬品の使用に関する情報提供・啓発活動等」をふたつの柱と定めています。

おもな活動はドーピングの防止

ドーピングには、禁止されている薬を戦略的・故意的に使用する場合と、食事や服薬などを通して不注意に摂取してしまう過失の場合があり、日本では過失のパターンが多いとされています

薬は病院などの医療機関で処方されるものだけではありません。

薬局やドラッグストアで購入できる大衆薬、サプリメント、栄養剤などにも禁止物質が含まれている場合があります。

しかし、こうした知識は一般的には得られにくいため、薬剤師に期待がかかっています。

ドーピングを防止するため、トップレベル競技者や指導者、国民体育大会に向けての都道府県選手団への情報提供や啓発活動などを行います。

また、プロ選手だけでなく、学校教育のなかで薬の正しい使い方を教えたり、ドーピング防止教育啓発活動における講演会での講師を務めることもあります。

そのほか、スポーツをする中高年のケアなど、身近な立場から薬と健康についてアドバイスすることも期待されています。

スポーツファーマシストになるには

基礎講習会と実務講習会の2種類の講習会を受講します。

公認スポーツファーマシスト認定は、薬剤師資格の保有を前提として、基礎講習会と実務講習の2種類の講習を受講します。

その後、知識到達度確認試験を行い、合格した受講者に対し、日本アンチ・ドーピング機構が認定証を発行します。

薬の知識は薬学部での勉強より易しいレベルですが、ドーピングに関する法律や制度、また申請方法などの周辺知識も必要です。

また、認定期間は認定証発行日から4年間となっており、資格を維持するためには、都道府県が開催する実務講習会を毎年受講する必要があります。

スポーツファーマシストの現状

2019年現在、認定スポーツファーマシストの数は9,530名と、年々、認定者数は増加しています。

しかし、実際に資格を活かして活動できる場は、他の資格保持者よりも少ないというのが現状のようです。

日常的に身近にスポーツ選手がいるという環境は、あまり一般的ではないでしょう。

また保険制度にはドーピング防止に関する加算がないため、そうした面でも資格を活かせる機会は少ないようです。

現在のところ、ドーピングに関する相談は無料の場合がほとんどです。

現状では、資格を取得することで専門性を高め、患者さんの役に立つことを目指すスポーツファーマシストが大多数です。