薬剤師と登録販売者の違い

薬剤師と似ている仕事

調剤薬局やドラッグストアで専門的に働く職業に、登録販売者という働き方があります。

比較的新しい資格で、調剤薬局やドラッグストアなどで薬の説明をしたり服薬に相談に乗ったりすることができます。

薬局で取り扱う薬は大きく第一類から第三類まで分かれていますが、そのうち、医師の処方せんを必要とし、薬剤師のみが販売できる薬は第一類に分類されます。

主な市販薬である風邪薬や鎮痛剤、整腸剤などは第二類、第三類に該当し、登録販売者の資格があれば販売することができます。

薬剤師とは異なる資格ですが、患者さんからの相談があれば薬について説明する義務があるため、ある程度の薬に関する知識が必要です。

また新薬が発売され続けるため、常に情報収集を行うなどの勉強が必要な点も薬剤師と類するものがあり、薬の分野では、薬剤師に次ぐ薬のスペシャリストいえるでしょう。

登録販売者の仕事

薬剤師と登録販売者の違い

薬剤師と登録販売者の違いには、2点があげられます。

ひとつめは、処方せん調剤ができるかどうかということと、ふたつめは、販売できる医薬品の種類が異なるということです。

薬剤師と登録販売者では、役割や扱える薬の種類に大きな違いがありますので、十分に理解しておきましょう。

薬剤師とは、6年間薬学部薬学科で専門知識を学び、薬剤師国家試験に合格した人だけがなれる専門職です。

医薬品のプロとして、調剤・医薬品の提供販売、服薬指導、創薬の研究、医療情報の提供などを行うのが主な仕事内容となります。

また薬剤師は、医薬品の種類に関係なく全ての医薬品を取り扱うことができます。

薬剤師が働ける職場は、調剤薬局・ドラッグストア、医療機関、製薬会社、官公庁などさまざまです。

働く職場によって、業務内容も大きく異なります。

一方、登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などで一般医薬品を販売できる人のことです。

登録販売者になるには、登録販売者資格試験に合格すればよく、薬剤師とは異なり、登録販売者の資格試験には受験資格がないため、誰でも試験を受けることが可能です。

試験合格後、登録販売者の登録には、薬剤師または店舗管理者・管理代行者の要件を満たした登録販売者の管理及び指導の下、2年間の実務経験が必要となっています。

近年ではドラッグストアや薬局の店舗数拡大に伴い、薬剤師が不足していたこともあり、医薬品販売に携われる登録販売者のニーズは今後もますます高まっていくと予想されています。

しかしながら、登録販売者は、全ての医薬品を取り扱える薬剤師と違い、販売できる医薬品は限られます。

また、調剤を行うこともできず、販売できる医薬品の種類は薬剤師と登録販売者で異なることは重要なポイントです。

わたしたちが普段医師の処方せんをもとに提供を受ける薬や地震で購入する一般薬は、副作用の可能性やそのリスクに応じて、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の3種類に分かれています。

とくにリスクが高いものとして分類される第1類は、薬剤師でなければ販売ができません。

そのため登録販売者が販売可能な医薬品は、第2類と第3類のみと定められています。

社会人から薬剤師への転職を希望する人は、医薬品販売に携われる登録販売者の資格を取得してみることも検討してよいかもしれません。