薬剤師に向いている人・適性・必要なスキル

薬剤師に向いている性格・適性

几帳面な人

薬剤師にとって最も一般的な業務は「薬を調剤すること」です。

医師の処方せんに従って、患者さんのために正しい分量や配合で薬を用意します。

この業務には、細かい作業がつきものです。

薬の分量は○ミリグラム、○ミリリットルというように定められていますから、この数値からずれないように丁寧に計測しながら薬を作らなければならないのです。

もしも「少しくらいの誤差ならいいだろう」と、薬剤師がいい加減な分量で配合をしてしまえば、薬の副作用で患者さんの健康を奪うことにもつながりかねません。

薬剤師は、「医薬品のプロフェッショナル」としての自覚と責任が必要とされる仕事です。

細かい作業にも決して手を抜かない、几帳面で責任感のある人が、薬剤師には向いています。

化学が好きな人

薬剤師は理系の専門職です。

薬の効能や調合について理解を深めるためには、化学分野の知識が欠かせません。

大学の薬学部では化学の勉強は必須ですし、国家試験でも化学の知識は必ず問われます。

薬剤師になってからも、新薬のメカニズムを理解するためには化学から離れることはできません。

薬剤師を目指すのであれば、化学をはじめとした理系の学問と向き合うことが必須です。

薬剤師になるまでも、なってからも膨大な勉強量が必要なので、「もともと理系分野の勉強が好き」という人でないとなかなか務まらない仕事でしょう。

薬剤師になるには? 資格はどうやってとればいい?

薬剤師に必要なスキル・能力

薬剤師は、薬の専門家として患者さんの健康に直接影響する医薬品を扱う仕事のため、知識や向上心に加え、人としての誠実さも求められます。

また、勤務先によっては接客スキルなども合わせて求められることになるでしょう。

自分の適性や好みなどを自分で客観的に分析してから求人などを確認し、求められる条件と自分のキャリアを確認することで、自分に足りないスキルなどが明確になるでしょう。

相手の話をしっかりと聞ける人

ドラッグストアや調剤薬局などで働く薬剤師には、接客業者としての活躍も期待されています。

店には老若男女さまざまなお客さまが来店しますが、誰に対しても丁寧に、わかりやすく、好感度の高い接客をすることが大切です。

いつでも明るく、相手のことを思った接し方ができる人であれば、薬剤師に向いているといえるでしょう。

また、お客さまは医薬品に対して疑問や不安を抱いていることが多々あります。

相手の困りごとに応えていくうえでは、専門用語などわかりにくい言葉で一方的に話すのではなく、まずは相手の話をよく聞く姿勢が不可欠です。

また、聞き上手な人や、困っている人を放っておけないタイプの人なども、薬剤師に向いています。

人に教えるのが上手な人

薬剤師は、薬にどんな効用があるのか、どのように服用すればよいのか、どんな副作用が考えられるかを患者さんに説明することも大事な業務のひとつです。

しかし、薬局を訪れる患者さんのほとんどが医療の知識を持たない一般人です。

とくに高齢化社会が進む近年では、お年寄りの患者さんも大変多くなっています。

医師に対しては、診察時間内で気軽に質問ができない患者さんも少なくありません。

だからこそ、患者さんに寄り添い、不安や疑問を取り除いてあげられるスキルは薬剤師には欠かせないものとなっています。

薬剤師に向いていないのはどんな人?

薬剤師は人の悩みや不安などに関わることが多いため、専門的な知識だけでなく、患者さんとの間やコメディカルのチーム内で信頼関係を築くコミュニケーション能力も求められます。

人に関心がなかったり、そもそも他者と関わるのがあまり好きではない人には、薬剤師の業務は難易度が高いものと感じられるかもしれません。

また、細かな知識をこつこつと学んで積み重ねていくことや、日々同じことを慎重に繰り返して行う作業などがあまり得意でない場合も、薬剤師として勤務する際には不安材料の一つになる可能性があります。