薬剤師の需要・現状と将来性

薬剤師の現状

薬剤師は医療分野で欠かすことができない薬の専門職です。

近年、少子高齢化社会が進行していることと、アレルギーなどの慢性疾患をもつ人が増加しているなどのこともあって、医療分野は全体的に拡大の一途をたどり、ニーズが増えていくことが考えられます。

しかし、それと同時に薬剤師を養成する大学も増えて、資格所有者も増加しています。

そのため、競争は激しくなっていくといわれることも増えています。

しかしながら、新たに活躍が期待されているスポーツでのドーピングの知識を持ったスポーツファーマシストなどの分野もあり、ニーズが高まる分野や業界も増えていくことが予想されます。

医療分野のなかでも、薬剤師のイメージでもある、街の調剤薬局やドラッグストアで接することができる薬剤師は、最も身近な街の医療相談の専門家です。

また近年では化粧品会社やバイオ会社でも薬剤師の需要が増えていることから、薬剤師の勤務先も幅広くなってきています。

広義の意味では、長期にわたって安定した職業といえるでしょう。

薬剤師の需要

薬剤師は、かつては「資格さえ取ることができれば、あとは一生就職に困らない」と言われている職業でした。

全国どこに行っても病院や調剤薬局はあるので就職口を探すのにも苦労しないし、専門性が高くて給料も高く、まさに売り手市場の職業だったのです。

しかし、近年この状況が大きく変わり始め、薬剤師の需要が減少しつつあります。

理由のひとつは、医療現場でのカルテや処方せんの電子化が進んだことが挙げられます。

かつては薬剤師が自分の手で行ってきた入力作業もどんどん簡略化されていき、人手が少なくても作業ができるようになってきました。

さらに、規制緩和の流れのなかで薬局以外のディスカウントストアやコンビニでの医薬品販売が進んだことで、薬局での対面販売も減る傾向にあります。

薬の種類によっては、薬剤師ではなく「登録販売者」という資格があれば販売できるようになり、薬剤師の正規雇用を抑える病院や薬局が増えてきていると言われています。

また、インターネットでの薬の販売が増加すれば、そのぶん薬剤師が求められる場も減少していくでしょう。

薬剤師の将来性

需要が減るともいわれている一方で、薬剤師をめざす人の数は増え続けています。

2004年頃から私大の薬学部開設が相次ぎ、かつては46校だった薬学部の設置大学が74校にまで増えました。

薬剤師の主な就職先と言えば「調剤薬局」「病院」「製薬会社」「大学の研究機関」です。

「製薬会社」や「大学の研究機関」をめざすのは一部の難関大学の薬学部を卒業する学生が多く、こういった研究職の分野では今後も需要が減ることはなく、供給が増えすぎるということも考えにくいでしょう。

一方で「調剤薬局」「病院」をめざす学生は今後どんどん増えていくことが予想されており、就職活動においては厳しい内定争奪戦が繰り広げられるのではないかと考えられています。

ただし、地方においては薬剤師の人数が足りないとも言われています。

都市圏での勤務にこだわらず、地方での就職を目指すのであれば、就職先に困ることはそれほどないでしょう。

薬剤師の活躍の場

薬剤師という資格を活かして、働く場所が幅広くあるのも薬剤師の魅力です。

調剤し、患者さんに薬を提供する病院や調剤薬局、ドラッグストアや、新薬などの研究・開発や情報提供を行う民間の製薬会社などが主な活躍の場ではありますが、公務員としても働くことができます。

勤務先によって仕事の内容はずいぶん異なりますので、自分の目指したい仕事内容で選ぶことが可能ですし、女性の場合は出産などで休職しても資格がなくなることはないので、復職や転職もしやすい仕事だといえます。

それぞれの場での仕事内容としては、病院や調剤薬局などの医療施設では、医師の処方せんをもとに患者さんに薬を調合、提供します。

大きな病院での院内薬局薬剤部で勤務する場合は、医師や看護師等と医療チームを組んで仕事をすることもあります。

また、製薬会社や化粧品会社などで研究者として働く薬剤師もいます。

難病やがんを治療する新薬の研究開発をしたり、日々開発が進められる薬の情報を把握して病院などに提供する薬剤情報提供者(MR)として働く薬剤師も少なくありません。

公務員薬剤師として、国の研究機関や薬の認可を行う厚生労働省などで仕事をする薬剤師もいます。

人気の公務員ですので、採用人数もかなり少なく最も難関の勤務先といえるでしょう。