薬剤師の転職理由・転職の状況は?

薬剤師の転職事情

薬剤師には待遇改善やキャリアアップを求め、転職する人も少なくありません。

また薬剤師の資格があれば全国どこでも働くことができ、求人も多いため、転職しやすい職業といえます。

薬剤師のおもな就職先は、調剤薬局や病院、ドラッグストアなど資格をいかせる場に人気があります。

これらの就業先では、調剤業務がメインの仕事になります。

また製薬企業の医療情報担当者(MR)も人気があります。

薬剤師の資格がなくても就業可能ですが、薬学の知識が求められるため、薬学部の卒業生が少なくありません。

しかし、薬剤師の資格があれば、これ以外の業種にもチャレンジすることが可能で、異業種へ転職するケースもあります。

薬剤師の転職理由

常に求人があちこちで出ていることもあり、薬剤師の転職は案外少なくありません。

人によって仕事に求めるものが異なるため、その理由もさまざまです。

ここでは、薬剤師が転職を考える理由として多く聞かれるものを挙げてみます。

同僚や上司との人間関係が合わない

薬剤師に限らず、どの職種でも転職を考える主な理由の一つに、人間関係があります。

1日のうち長時間を過ごし、やりがいや役に立ちたい気持ちを持って仕事をしている人にとって、職場の居心地の悪さは大きなストレスになるのでしょう。

医療専門職でミスが許されない責任重大な業務のプレッシャーもあいまり、調剤薬局やドラッグストアに限らず、薬剤師の多くが悩んでいるようです。

特に薬剤師は女性が多い職場なので、女性特有の人間関係に疲れてしまったという転職希望者は少なくないようです。

自分の力だけで解決することも簡単ではなく、特に薬剤師は同じ人間関係のまま仕事が続いていくので、なかなか人間関係の改善に至らないケースが大半のようです。

こういった場合は、ひとり耐えるよりも職場や部署の異動を相談してみて、受け入れられない場合や、院内薬局や病院薬剤部などの異動ができない場合などは転職を本格的に検討する場合が少なくないようです。

仕事のフォロー・教育体制がない

新卒や病院薬剤部勤務からドラッグストア勤務に転職した場合など、就業先に対して経験が少ない薬剤師が不安に思う理由は、仕事のフォローや教育体制が無い職場のケースです。

職場での業務上のフォローや教育体制ができていない場合、特に患者さんの命や健康に関わる医薬品を扱う責任ある立場の薬剤師が安心して業務にあたることは難しく、過度なプレッシャーから大きな心的不安要因になります。

しっかりフォロー体制を作ってほしいとまずは本社や人事、上司に相談してみるばあいもあるようですが、これは会社の問題であるためすぐの改善はあまり期待できません。

このような場合、就業先の企業や病院に対してモチベーションを保てず、転職を考える大きな理由になることが多いようです。

給与が低い

「お金がすべてではない」と分かっていても、友人や同じキャリア程度の同業薬剤師と比較したとき、自分の給与が低すぎると感じると、転職を検討するきっかけになるようです。

高給・安定で人気の高い薬剤師ですが、案外給与にばらつきがあり、就職先によっては平均を下回るケースも見られます。

特に、病院や調剤薬局勤務の薬剤師によくあるケースで、たとえば病院薬剤師は初任給が低いことが少なくありませんし、調剤薬局も初任給以後の昇給が見込めない職場もめずらしくありません。

給与に不満を感じ、転職を考え始める場合は転職をすることで悩みを解決することができます。

職場環境や人間関係に問題がない場合、転職するかどうか悩んでしまうのは一般の他の職種と同じですが、薬剤師の場合は環境や企業、病院などを変えることで大幅な待遇改善も見込めますので、キャリアパスの中で給与も上位条件の一つにし、転職を検討するのもよいのではないでしょうか。

薬剤師のつらいこと・大変なこと・苦労

薬剤師から異業種への転職

薬剤師が活躍できる職場は意外と広く、そのひとつは民間企業の研究者です。

化学企業や食品企業の研究職などがあります。

公務員にも薬剤師の需要があり、国立病院や保健所、研究所などが就業先になります。

市町村の食品衛生監視や自衛隊麻薬取締官などにも薬剤師の求人があります。

また学校薬剤師も選択肢のひとつで、学校の保健室や理科室での薬剤の使用・管理をする仕事です。

プールや給食などに対する検査も実施します。

未経験者から調剤薬剤師への転職

製薬企業のMRや研究者、臨床研究コーディネーターなど、薬学部の卒業生には調剤業務以外の職場に就職する人も少なくありません。

しかし、何らかの理由で調剤に転職を希望する場合もあります。

そうしたケースでも調剤薬剤師になることは可能で、調剤未経験の人を歓迎している薬局も少なくありません。

即戦力を求めている薬局は難しいかもしれませんが、あえて未経験者を募集しているところであれば十分に可能性があります。

調剤薬局が未経験者を募集するのには、MRなどの経験者は接客がしっかりできる、経験がないからこそ成長が早い、他の職場での調剤の癖がない、という期待や理由があります。

また、調剤経験者であっても、各診療科で扱う薬が異なるため、転職すれば門前の診療所が変わることから最初は覚え直さなければならないことが山積みです。

ですから、未経験者の場合でも、調剤作業そのものについても勉強しなければなりませんが、勉強する必要があるという意味では経験者とそれほど大きな差はないとも考えられています。

実際に転職を考える場合は、薬剤師専門の求人サイトに登録しておくと、自分の希望の求人をまとめて紹介してもらえるため、便利です。

マイナビ薬剤師は5万件以上の求人を保有しており、丁寧にキャリア相談に乗ってもらうこともできるので、利用者満足度が大変高いサービスとなっていますので、まずは気軽に相談してみましょう。