薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事とは

薬剤師とは、医薬品のプロフェッショナルとして、おもに病院などの医療機関や薬局に勤務し、薬剤の「調剤」と「服薬指導」に従事する専門職です。

「調剤」とは、医師の処方せんに従って医薬品を調合することを意味します。

「服薬指導」とは、どの薬をどのようなタイミングで飲めばいいかを患者にわかりやすく説明することです。

薬剤師は、処方せんに基づき、患者さんの薬の飲み合わせや重複、またきちんと服薬できているかどうかといったことを管理し、患者さんに正しい情報を伝えます。

薬剤師として働くためには、薬学部にて6年間学び、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。

薬剤師になるまでに勉強しなければならないことは多く、薬学部の学費は一般の文系学部よりも高めですが、専門職として就職後の雇用状況や待遇は安定しています。

とくに地方においては薬剤師が不足している状況であり、就職・転職もしやすいといわれています。

薬剤師の業務の内容

調剤と服薬指導

薬剤師のおもな仕事は、処方せんに基づいた薬剤の調剤と、患者さんへの服薬指導です。

町の調剤薬局や病院内にある院内薬局などに勤めている薬剤師は、医師が出した処方せんに従って薬を用意し、患者さんに飲み方のアドバイスを行いながら、間違いのないよう確実に渡します。

患者さんの薬歴は、店舗にあるデータベースで管理します。

また、「お薬手帳」なども参照しながら、他の薬との飲み合わせやアレルギーにも厳重に注意した上で調剤を行います。

万が一、処方せんに疑問点や誤りと見られる内容がある場合は、処方せんを発行した医師に問い合せて確認をする「疑義(ぎぎ)照会」と呼ばれる仕事も行います。

病院で働く

病院などの医療機関で働く薬剤師は、通称「病院薬剤師」などと呼ばれます。

病院にはたくさんの外来・入院患者さんがいるため、注射液や点滴の輸液、内服薬まで、多種多様な薬が必要になります。

こうした薬を管理し、一人ひとりに合わせたものを用意するのが病院薬剤師の仕事です。

医師、看護師、栄養士などとチームを組みながら、患者さんの治療に当たります。

薬剤師の役割

薬の処方ミスを防ぐ

薬剤師というと、病院や保険調剤薬局で薬を手渡してくれるスタッフのことを思い浮かべる人も多いでしょう。

こういった医療現場で働いている薬剤師は、医師の処方せんに従って正しい分量で薬を調合することを役割とします。

現在の医療業界には「医薬分業」という考え方があり、医師と薬剤師がそれぞれ薬剤を確認することによって、医療ミスを防ぎます。

そのため、薬剤師は、ただ処方せんどおりに調合すればよいわけではありません。

薬には副作用のリスクがつきものです。

患者さんが他にも薬を飲んでいないか、アレルギー体質がないか、妊娠していないかなど、薬の副作用を起こす条件がないかどうかを手渡す前にしっかり確認します。

もちろん、医師の処方内容を、さらに薬のプロフェッショナルである薬剤師が慎重に最終確認し、二重にチェックをすることによって、処方ミスをより確実に防ぐことができるのです。

また、患者さんの処方せんについて、これは本当に正しい処方なのか疑問が生じた場合は、薬剤師は処方せんを発行した医師に直接疑義について連絡し、回答をもらいます。

患者さんの服薬管理役となる

昔は、病院で医師から処方された薬であれば、患者さんはとくに疑問を持ったり自分で調べたりせずにその薬を使用するのが一般的でした。

しかし、医療現場での「インフォームドコンセント(患者さんが医師から十分な説明を受けた上で治療方針に合意すること)」が重視されはじめたことや、一般人でもインターネットを活用して簡単に医薬品の情報を調べられるようになったことから、患者さんも自分の薬のことをきちんと知るべきだと考えられるようになりました。

最近では厚生労働省の先導の下、多くの調剤薬局で「お薬手帳」という、患者さん一人ひとりの薬の使用歴を記録した手帳の使用を推進しています。

こうした取り組みで、患者さんは自分の使っている薬の種類を理解しやすくなり、薬剤師に積極的に質問する患者さんも増えています。

こうしたなか、薬剤師は患者さんが抱える薬の疑問を解決し、どの薬がどの症状に対して処方されたのか全体像を見て、患者さんに的確に説明する役割を果たすことが求められています。

薬剤師の勤務先の種類

薬剤師のおもな就職先には、調剤薬局や病院の薬剤部、ドラッグストア、あるいは製薬会社です。

一般の人々に最も身近な場所は、街の調剤薬局でしょう。

日本全国、さまざまな地域の調剤薬局で、薬剤師が活躍しています。

また、病院など医療機関で活躍する薬剤師も少なくありません。

近年の医療現場では、医師や看護師、栄養士などで役割を明確に分担する「チーム医療」を進める病院が増えています。

調剤薬局と比較すると、病院に勤務する院内薬剤師には、より医療の現場に即した高度な知識が必要とされてきます。

このほか、製薬会社で働く道を選択する場合、調剤業務をする薬剤師とは異なる仕事を担当します。

たとえば医薬品の専門知識を備えた営業職「MR」や、医薬品を生み出していく「研究職」になるなど、さまざまな資格の生かし方があります。

薬剤師の勤務先の種類と仕事内容の違い

<参考:年齢階級、施設の種別にみた薬剤師数>
施設別に薬剤師の数をみると、最も多いのが薬局の180,415人、次いで病院・診療所の59,956人、医薬品関係企業の41,303人となっています。

施設・業務の種別にみた薬剤師数_30

出所:厚生労働省 平成30年薬剤師統計

薬剤師の仕事の流れ

調剤薬局で働く薬剤師は、開局してから閉局まで、基本的には調剤、監査、服薬指導、薬歴指導管理記録などを担当します。

調剤は、隣接する病院やクリニックからの処方せんに基づいて行います。

先発薬・後発薬の希望なども忘れずにチェックし、店舗内の在庫などを確認しながら処方薬の商品を確定。その際、患者さんとコミュニケーションを取りながら体調の聞き取りや副作用の説明などを行い、薬歴に登録していきます。

診療科目の多い総合病院の処方せんを応需している場合は、複雑な調剤業務も多いために、幅広い対応力が問われます。

薬剤の補充発注なども薬剤師の仕事です。

一方、ドラッグストアに勤務する場合の仕事の流れは、勤務先の企業によってさまざまですが、接客・販売業務が主になります。

お客さまの相談に乗ったり、医薬品の在庫管理・発注をしたりすることもあります。

薬剤師と関連した職業

薬剤師と関連した職業として「登録販売者」が挙げられます。

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などにおいて、一般用医薬品(第2類・第3類)を販売するために必要とされる資格であり、その資格を持っている人のことをいいます。

登録販売者は薬剤師に次ぐ医薬品のスペシャリストとして、専門知識を駆使してお客さまに確かな医薬品の知識を提供します。

登録販売者になるためには、都道府県が行う登録販売者試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。

試験そのものに年齢や学歴の制限はありませんが、店舗管理者や管理代行者になるためには実務経験を積む必要があります。

近年はコンビニ、スーパー、家電量販店など、登録販売者の活躍の場が広がってきています。

しかしながら、有資格者の数も増加し続けているため、給与面など、より良い条件の職場で働くための競争は厳しくなることが予想されます。

医薬分業が進み、これまで以上に薬剤師の専門性が求められているなか、登録販売者のニーズや注目度も高まっています。

求人が多く出ているため、現状では就職・転職に困ることもあまりないでしょう。

ただし、登録販売者は薬剤師のような国家資格ではないため、資格の難易度や専門性の高さでいえば、薬剤師には劣ります。

登録販売者の仕事