薬剤師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

薬剤師を目指すきっかけで多いものは?

薬剤師にとってもっとも大切なことのひとつは、患者さんの治療をサポートしたい、薬の分野で健康に貢献したいと思う気持ちです。

調剤する薬を少しでも間違えると人命にかかわることもある責任の重い仕事なので、使命感をもつことも大切です。

薬剤師を志す人の中には、自分が幼少時に病気やアレルギーでつらい思いをしたときに、薬に助けられたので、いつかは自分も病気に苦しむ人の手助けがしたいという思いからこの道を志した人も少なくありません。

なるまでも、なってからも大変な道のりを歩む責任ある仕事です。

生半可な気持ちでは、壁にぶつかることもあるかもしれません。

薬剤師を志した理由や薬剤師の仕事を通して実現したいことなどをしっかり持ち、自分自身の中でもきちんと整理できるとよいでしょう。

また、それを就職時に面接の場で相手に伝えるということも重要です。

より熱意やモチベーションを伝えるために、例えば薬にまつわるエピソードがあれば、それを交えて話すようにするとよいかもしれません。

また、資格のある専門職ですので、自分次第でスキルアップしていける点や、ドラッグストアや調剤薬局など、就職先は全国に点在しており住まいの近くに職場が見つかりやすいことなども家庭を持つ女性にとって目指すきっかけのひとつになることが多いようです。

薬剤師の志望動機の考え方

薬剤師になるための就職試験では、必ず志望動機を聞かれます。

自分が薬剤師を志した理由や、薬剤師の仕事を通して実現したいと思ったことをできる限り具体的に述べながら、積極的に自分を売り込みましょう。

たとえば「子どもの頃に持病で病院に通っていて、薬局でテキパキと薬を調剤してくれる薬剤師の姿に憧れていた」「軽い気持ちで塗った薬の副作用で皮膚が荒れてしまったことがあり、薬の説明の大切さに気付いた」など自分と薬のエピソードを交えながら志望動機を述べるとよいでしょう。

また、就職を希望する場所に合わせた未来像を語ることも大切です。

地方の薬局であれば「お年寄りにもわかりやすい説明ができるような薬剤師になりたい」という希望を持つことができますし、がん治療の研究が盛んな病院であれば「がん治療の薬に関するスペシャリストになりたい」いうような希望を持つこともできます。

なぜ自分が薬剤師という職業を選び、なぜここに就職したいと思ったのか、具体的に考えた上で面接に臨むことが大切です。

薬剤師の志望動機の例文×3

薬剤師の志望動機として、例文を3つほど見てみましょう。

「家族がとてもお世話になったことが印象的で」

「家族や身近な身内が入院や通院のたびに薬剤師にいつもお世話になっていました。

薬剤師の説明がわかりやすくて、家族も安心して服薬し、治療を進めることができました。

薬と患者さんを繋げる仕事っていいなという思いが募り、薬剤師を目指しました。」

「医療業界で専門家として仕事がしたい」

「祖父が長い間入院していた時、治療を不安に思う祖父を助けてくれた薬剤師の方のように病院で働く薬剤師になりたいと思いました。

チーム医療に徹底して取り組む病院薬剤師は、私の夢の実現へ向けて最適な場であると考え志望しました。

現在、医療は様々な分野に分業され、各分野の連携が必要不可欠となっており、わたしはその中でしっかりと専門家としてチームに貢献し、患者さんの治療に役立てるよう研鑽を積んでいきたいと思います。」

医師をサポートする姿にあこがれて」

「チーム医療のリーダーである医師を、薬の専門家であるという立場からしっかりと支え、医師や患者さんに薬の専門的な部分をわかりやすく説明している薬剤師の姿を見て、薬剤師の仕事を具体的に知ったことがきっかけで薬剤師になりたいと考えるようになりました。

チーム医療は医師と看護師や薬剤師などのコメディカルの連携が大切で、薬剤師はチーム医療に欠かせない重要な存在です。

その役割をしっかり担えるよう務めたいです。」

薬剤師の面接で聞かれること・注意点

薬剤師の就職試験では、面接試験を重視するところも多いようです。

調剤薬局で働く薬剤師にとっては、窓口での患者さんへの対応が主な仕事になります。

患者さんから薬の相談を受けることも多く、親身になって答えることができるかどうかはとても重要なことです。

患者さんの中には、医師には聞けなかったと感じ治療に不安を覚えている人もいます。

もしも薬剤師の態度が悪くて「薬剤師が高圧的だったので相談しにくい」「不愛想な薬剤師で嫌な思いをしたのでもう行きたくない」と患者さんが離れてしまったら、薬局にとっては大きな損害です。

逆に「あの薬剤師が相談に乗ってくれるからあの薬局に通いたい」と思わせるようなプロフェッショナルな対応が求められているのです。

こうしたことも踏まえて、面接では礼儀正しい挨拶や清潔感のある身なり、ハキハキした話し方や笑顔など、対面販売をする人間としての基本を特に心がけましょう。

もうひとつ、面接でチェックされるのが「コミュニケーション能力」です。

薬局で働く薬剤師にとっては、その薬がどんな効用のある薬なのか、どのように服用すれば良いのか、どんな副作用が考えられるかを患者さんに説明することも大事な仕事のひとつです。

医療の知識を持たない人たちに対して、子どもでもお年寄りでもわかりやすいように「正しく」「わかりやすく」薬のことを説明することが薬剤師の使命です。

そこで、薬剤師には高いコミュニケーション能力が求められます。

難しい言葉を多用したり、真意が伝わりにくい抽象的な表現を使ったりして、言いたいことが相手に伝わらないのが最も危険です。

面接では、聞かれたことに対して簡潔にわかりやすく説明する努力を惜しまないようにしましょう。

薬剤師の自己PRのポイント

薬剤師をめざす人には女性が多く、志望動機として「女性でも安定した収入を得ることができる」「結婚や出産で退職してもパートやアルバイトで高給で働ける」「仕事を長く続けられそう」というような待遇面の魅力を感じている人もいるようです。

しかし、こういった「長く続けられそう」などの受け身な志望動機はだけではNGです。

就職試験ではよりやる気やモチベーションを感じてもらえるような動機をPRとして伝えることが重要です。

近年、薬剤師を養成するための大学は急増しており、いずれ薬剤師の供給が需要を上回る日が来るのではないかと懸念されています。

薬剤師どうしの競争が激しくなれば「どんな志を持っているか」「どんな分野のプロフェッショナルをめざすのか」がより厳しく問われることになります。

就職試験においては必ず、仕事内容に即した志望動機や仕事面での目標を明確に語れるようにすることが大切です。

薬剤師の履歴書で気をつけるべきことは?

薬剤師は実務において事務作業に携わることもあります。

一定の知識人として特に患者さんは薬剤師を見ますので、一般常識レベルの事務スキルも重要視されます。

そのため、履歴書や封筒の表書きなどの基本的な社会人スキル・常識レベルなどに不安があるとその時点で適任ではないとみなされてしまう可能性があります。

また、共有することが多い診療情報などの書類やお薬手帳に書いた文字が読みにくかったりきたなかったりすることはNGですので、文字を書くときも気を抜かず、読まれることを意識して書くようにしましょう。

マナーやルールなどに不安がある場合は、面倒がらずにマナーブックを調べるようにしましょう。

転職の場合は、薬剤師専門の転職サイトを利用することで、職場ごとの志望動機を無料で添削してもらうことが可能です。

求人数が5万件以上を誇るマイナビ薬剤師は、志望動機の添削もプロのキャリアコンサルタントが丁寧に実施してくれるため、利用者の満足度も大変高いサイトとなっていますので、志望動機に悩んでいる人は、まずは気軽に相談してみましょう。