薬剤師になるには

まずは薬学系の大学へ進学

薬剤師は、国家資格を取得している人だけが就くことができる職業です。薬剤師の国家資格を取るためには、、大学の薬学部か薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を修了していることが条件となります。

薬学系の学科を設置している大学は、全国に74校あります。「国立」「公立」「私立」とさまざまな大学があり、北は北海道、南は宮崎まで全国の都道府県に設置されています。

薬剤師をめざす人は、こうした薬学系の大学に入学し、6年課程で必要な学問を学習します。大学では「有機化学」や「生物化学」「薬剤学」「疫病学」などの授業から調剤薬局での実習まで、薬学に関する幅広い知識や技術を身につけます。

このカリキュラムを無事にこなし、6年制の課程を卒業した人か卒業見込みの人だけに、薬剤師国家試験の受験資格が与えられます。

ちなみに、かつて薬学部は4年制でしたが、平成18年4月の入学者からは6年制の課程を終えなければ国家試験を受験できなくなりました。これから薬剤師をめざす人は必ず6年の履修が必要なので、学費の総額が通常の学部より高くなることにも注意が必要です。

薬剤師国家試験とは

薬学系の大学を卒業する時に、薬剤師国家試験を受験します。薬剤師国家試験は年1回実施され、「物理・化学・生物」「衛生」「薬理」「薬剤」「法規・制度・倫理」など薬学に関する幅広い分野から出題されます。

受験会場は全国の大都市に設置されており、北海道・宮城県・東京都・石川県・愛知県・大阪府・徳島県及び福岡県で行われるのが一般的です。

合格率は、例年平均で70%〜90%ほどとなっています。試験は年に一度だけなので、不合格の場合はまた翌年受験することになります。この試験に無事合格して申請をすると、厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、晴れて薬剤師免許が与えられます。

薬剤師国家試験の難易度、合格率

就職先は調剤薬局が中心

薬剤師の就職先は、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社などになります。待遇が良い製薬会社や公務員として働くことのできる官公庁は就職先として人気が高いですが、競争率が高く難関です。

6年生のうちに就職活動をしますが、3月の国家試験に合格することができないと内定を取り消されてしまうことがあります。

薬剤師に求められる能力

注意力

子どもや重病患者など、調剤を一歩間違えれば命に関わることもある仕事です。処方箋通りに常に正しく調剤することができる注意力があることが求められます。

集中力

薬局においては次から次へと異なる調剤をしていかなければなりません。集中力を持続し、頭を働かせながら仕事をしていくことが必要です。

薬学への興味

薬剤師になるまでの勉強は非常にハードです。また、薬剤師になってからも継続して勉強することが必要です。薬学に対して興味がないと、薬剤師になることは難しいでしょう。

薬剤師の今後の見通し

専門性の強化

日本では医師が薬を処方することも多いですが、海外では医療と薬学を分業することが一般的です。

日本でも医薬分業を進める方針となっており、薬学部が4年制から6年制になるなど、薬剤師により高度な知識が求められるようになってきました。今後は、現在よりも医師に近い業務をカバーする専門知識をもった薬剤師が求められるようになると考えられます。

薬剤師の需要

薬剤師の数は近年急激に増加しています。先進国全体と比較しても、日本の薬剤師の数は多いと言われており、現在のペースで薬剤師が増えていくと、将来的には薬剤師が余ってしまうという予測もされています。

薬剤師数の推移

薬剤師国家試験が4年制から6年制に移行しているため一時的に伸びは抑えられましたが、毎年薬剤師の数は増えてきています。
薬剤師数の推移_26

薬剤師の男女比

平成26年時点における薬剤師の男女比率は、男性39%、女性61%となっています。
薬剤師数_男女比_26

性・年齢別の薬剤師数

年齢別に薬剤師の人数を見ると30代、40代の比率が高くなっています。

女性の比率はどの年代でも高くなっていますが、40代、50代が70%であるのに対して、20代、30代は63%程度と若干下がってきています。
性・年齢階級別にみた薬剤師数_26