測量士の仕事内容、役割

建設工事はまず測量からスタートです

測量士の役割とは、測量法に則り測量計画を立て、実際に施工することです。

ダム、橋、道路、鉄道、トンネルなど社会に大きな影響を与えるインフラ整備、およびビル、住宅などの建設工事において基盤となる重要な役割を担っています。

さまざまな建築物を施工するにあたり、対象となる地物の位置座標、高さ、形状を正確に把握することが必要です。

安全で効率的な工事設計を進めるには、正しい知識を持った測量士の存在が欠かせないのです。

そうした意味で、測量士のもつ社会的責任は大きいといえます。

測量士が実際に行う作業

外業

測量の現場となるのは、街中もしくは山中や海峡などありとあらゆる場所です。

野外で測量機器を用いて行われる外仕事(通称「外業」)は、2〜5名でチームを組み、「トランシット」「光波測距離」「GPS」などの専門的な機器を使い測量を行っていきます。

こうした作業は、近年における測量機器の飛躍的な発展によって大幅な効率化が進んでいます。

得られたデータはメモリに保存されると同時に、誤差範囲の調整・補正が行われます。

内業

メモリに保存され社内に持ち帰ったデータは、パソコンもしくは専門的な計算機を用いて分析、変換、加工が行われます。

これらは通称内業と呼ばれ、デスクワークに分類できるものです。

測量と聞くと、野外での外業が主であると想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、意外にデスクワークの占める割合は大きいものです。

測量士は、外業を効率よく行う計画性、体力、判断力だけでなく、デスクワークを長時間続けることのできる根気が必要です。

測量の種類

測量には大きく分けて3つの種類があります。

土木測量

まず一つ目は、土木測量と呼ばれるものです。

これはさまざまな建造物や道路を施工する際に必要となるもので、測量会社に依頼される仕事の大半が土木測量であるといっても過言ではありません。

地図測量

二つ目に挙げられるものは地図測量です。

地図測量はその名の通り地図を作るための測量ですが、ヘリ計測や航空写真などから得られたデータをデジタル化し加工することでさまざまな地図が作られます。

地籍測量

三つ目に挙げられるのが、地籍測量です。これは、個人または法人が所有する土地の広さを計測し記録する作業を指しています。

この作業には、土地の所有権をめぐる境界確定のための申請・登録作業が関係してきます。

測量士が単独では行えない業務も含まれるため、行政書士や土地家屋調査士の有資格者と連携して作業を進める必要があります。