測量士試験のための学校と学費(大学、専門学校・通信講座)

測量士になるための学校の種類

測量士になるための学校は、大学、短大、高専、専門学校など複数あり、進学先の選択肢はかなり豊富です。

国の指定する学校に通って規定の科目を修め、卒業後に学歴に応じた実務経験を積めば、無試験で測量士の国家資格が得られますので、進学には、単に測量を学べるという以上の大きなメリットがあります。

もちろん、そうした制度に頼ることなく、一生懸命勉強に励んで、国家試験合格を目指すという道もあります。

測量士試験は学歴不問ですので、いずれの学校にも通わず、完全に独学だけで合格することも可能です。

ただし、測量士試験は、測量に関する法律や理論などの幅広い専門知識や、高校卒業レベルの数学力が問われる難関であり、合格率は例年10%前後しかありません。

学費の問題もありますので、どちらがよいかは一概に比較できませんが、国家試験の合格率の低さを考えると、資格取得が確実である進学ルートはきわめて魅力的といえます。

必須とまではいえないものの、測量士を目指すなら、測量を学べる学校に通うことが望ましいでしょう。

測量士になるには? 必要な資格は?

測量士になるための大学

測量士になるための大学としては、工学部や理工学部の建築学科、土木学科、デザイン学科などが代表的です。

とくに、測量士にとって建築に関する知識は非常に重要ですので、建築を学べる学科はおすすめです。

また、測量は数学を基にした技術ですので、たとえば理学部の数学科など、一見測量と関係なさそうな学部・学科でも、測量士に必要なことを学べるケースもあります。

さらに、近年では、地学部でGPS(全地球測位システム)を学べるところも増えていますので、GPS測量を手掛けたい場合は、地学部のある大学も進学先候補となるでしょう。

これら測量を学べる大学を卒業すると、1年の実務経験を積むことで、測量士資格が得られます。

学費については、国公立と私立でかなり差がありますが、おおむね年間100万円ほどが相場であり、4年総額で400万円ほどかかります。

測量士になるための専門学校

測量士になるための専門学校としては、建築系や工業系学校の、測量科や設計科、環境デザイン科などが挙げられ、昼間コースに加えて、社会人向けの夜間コースを設けている学校もよくあります。

測量士を目指せるコースは、大半が2年制または3年制であり、大学よりも早く現場に出られるという点が大きなメリットです。

授業内容も、大学のように広く一般教養を身につけるというよりも、現場で役に立つ実務スキルを身につけることに重点が置かれます。

ただし、専門学校卒の場合、実務経験を2年間積まないと測量士資格が得られませんので、同期の大卒者より資格取得が遅れるという点はネックといえます。

学費は、大学と同じくおよそ年間100万円が相場ですが、期間が短いぶん、トータルの学費は抑えられるでしょう。

なお、専門学校のなかには、卒業後に地元の測量会社に就職することを条件に、学費が免除されるケースもあるようです。

測量士になるためのスクール・通信講座

民間の資格学校や予備校、通信講座などをみると、下位資格である測量士補試験の対策講座は非常に豊富にあるものの、測量士試験の対策講座はほぼ見つかりません。

これは、測量士になる人の大半が、学校に通って無試験で資格が得られるルートを選び、国家試験を受ける人は測量士全体の1割ほどしかいないため、需要そのものが限られていることが大きな要因です。

測量士試験の対策講座は、現状では公益社団法人日本測量協会が実施している通信講座ほぼ一択となっています。

ただ、その学費は半年間で59,000円であり、学校に通うことを考えれば非常にリーズナブルといえます。

また、仕事の都合や家庭の事情などで、毎日決まった時間に通えないという人でも、仕事と勉強を両立させやすいでしょう。

なお、測量士補試験と測量士試験では、試験範囲が同じでも、難易度が段違いに異なるため、測量士補試験の対策講座で代用することはおすすめできません。

参考:公益社団法人日本測量協会

独学

測量士になるにあたって、まったくの独学だけで測量士試験に挑戦するという道もあります。

例年似たような問題が出題されますし、試験を主催する国土地理院のホームページで過去問が公開されていますので、自力で対策することもそこまで困難ではないでしょう。

ただし、それはあくまで暗記の範囲の話であり、計算問題については別です。

三角関数やベクトル、行列などに関する理解がないと、そもそも問題の解き方がわかりませんので、たとえば文系出身者や、学校を卒業してから数年が経過している社会人などは、独学での対策は困難です。

どうしても難易度が高いという場合は、かなり遠回りになりますが、測量士補試験を受験し、測量士補から測量士にステップアップするという方法を選ぶ必要があるかもしれません。