環境計量士のやりがい、魅力

人々の生活を守る仕事ができる

環境計量士は、大気、水質、土壌の分析、または騒音や振動の測定など、私たちの生活のあらゆるシーンに密に関わっていきます。

人間が営みをする以上、排水も大気汚染の問題もゼロにすることは難しいのが事実です。

だからこそ、私たちはつねに環境のことを考え、それを大事にしながら活動していくかが重要になるのです。

環境調査や分析という仕事は、ものづくりのように形として成果が残るわけではありませんが、人々の日々の暮らしの安心・安全や、自然環境を守るために重要な役割を担うことができます。

また、こうした環境の調査を行っていくことによって、地球の未来をも守ることができるといえます。

社会を支えていく仕事に携われるということは、環境計量士にとっての大きなやりがいになります。

環境分析のプロフェッショナルとして活躍できる

環境測量士は、さまざまな業種のお客さまからの依頼を受けて、水質・大気・土壌・騒音・振動といったものの測定を行う専門職です。

これらを測定することによって、環境汚染の要因や生態系に与える影響などを解明することができます。

いま、環境に関して専門の知識やスキルをもつ技術者のニーズは急激に高まっており、環境計量士をはじめ、公害防止管理者などの環境関係の資格を取得することで、携われる業務の幅がさらに広がったり昇給につながることもあります。

自分がスキルアップしていくことで、周囲からも信頼され、さらに評価されるようになる日々にやりがいを感じている人は多いようです。

お客様の困りごとを解決できる

環境計量士のお客さまは、さまざまな業種・職種となります。

測定方法やさまざまな項目の基準値は法律によって定められており、環境計量士は専門的な知識やスキルを駆使して、測定や分析を行い、お客さまの課題を解決していきます。

そのお客さまにとって必要なデータやアドバイスを提供し、お客さまに感謝されたときにはやりがいを感じられるでしょう。