環境計量士の就職、求人、募集の状況

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

ニーズが大きくなっている

環境計量士が携わる環境分析という仕事は、近年さらにニーズが増しています。

自然環境を守ることが国際的に重要な課題として取り上げられており、日本でも環境に関連する規制基準は年々強化されています。

そのなかで、専門的な知見や技術をもって水質や大気、土壌といった環境を調査・分析できる環境計量士の存在は、さらに重要なものになっていくことが予想されます。

環境分析を専門に行う民間企業もたくさんあり、大学などで化学を学んでいた人が、卒業後にそれらの企業へ就職するケースが多いようです。

国家資格がなくても就職できる

環境分析の仕事そのものは、決して国家資格がなければできないというわけではありません。

しかし、専門性が問われる仕事であることから、就職後も日々の勉強は必要不可欠といえます。

環境計量士の場合、国家試験に合格すると、実務経験を積むことによって環境計量士として登録することができるようになるため、実際に資格を持って働いている人も多いようです。

なお、環境計量士になるには高校卒業レベルの化学の知識があれば問題ないといわれていますが、実際に環境分析系の企業では、「大卒以上」の学歴が求められることが多いようです。

学部は理系出身者のほうが有利になりやすく、なかには大学院を出ている人もいます。

幅広い専門知識を身につけることが重要

環境計量士は今後もさまざまな場所で必要とされていくことが考えられますが、環境関係の分野は水、土壌、騒音・振動、大気と幅広いため、各人が自身の専門分野をもって働いていることが多いようです。

日々の業務に携わっていくなかで、現状で携わっている分野以外の専門知識も身につけていくことにより、さらなるステップアップが期待できます。

なお、最近は企業活動に伴う環境汚染を防ぐため、外部の分析会社に依頼せず、自社内で環境分析できる体制を整えている企業も出ています。

製造業など、一般の企業においても、環境計量士としての知識や経験を持つ人が募集されることが増えつつあるようです。