環境計量士の現状と将来性

環境問題に向き合う専門家として

世界各地でさまざまな環境問題が発生している現代社会において、環境を守っていくことは、日本のみならず国際的に取り組むべき重要課題になっているといえるでしょう。

日本だけを見ても環境に関連する規制基準は年々強化されており、さまざまな項目にわたり、その調査対象や分析手法、基準数値が取り決められています。

環境計量士は、そうした規制に基づく環境分析を行う専門家としての役割を担い、多様化する環境問題に合わせて調査分析をすることができます。

この仕事のニーズはさらに大きなものになっていくことが予想されます。

経験と国家資格が強みに

環境計量士の国家資格を持っていなくても環境分析業務に携わることはできますが、化学をベースにした専門的な知識やスキルが求められる仕事であることは確かです。

環境分析や測定の専門会社でも、業界経験や環境計量士をはじめとする環境業界の技術系資格を持っている人を優先的に採用する傾向が強いようです。

この仕事では、民間企業はもちろん官公庁との取引も多くなるため、社会貢献性の高い仕事に携わるという誇りや使命感、そして安定性を実感しながら働くことができるでしょう。

専門性の高い仲間と一緒に、自分の能力を高めていくなかで成長を実感できるはずです。

活躍の場はさらに広がる

環境問題への関心が世界的に高まっているいま、環境ビジネスも発展しており、環境計量士の活躍の場も広がっているといえます。

しかし、環境にまつわる法規制などのルールが変わり続け、新しい分析技術も生まれているなか、現状に満足せず、つねに新しい知識を身につけていく努力は欠かせません。

需要が大きな仕事であることは間違いないため、社会的な問題を解決していくことにやりがいを見出し、つねに勉強を続ける向上心の強い人であれば、専門性を発揮して大きく羽ばたいていけることでしょう。