環境計量士に向いてる人、適性、素質

地味な仕事でもコツコツと頑張れる人

環境計量士の仕事では、大気や水質の測定といったコツコツとした作業が多くあります。

その存在は決して華やかなものではく、どちらかといえば目立たない地味なものといえるのかもしれません。

一般の人に環境計量士といっても、どのような仕事をしているのか、なかなか理解してもらえないこともあるでしょう。

しかし、環境計量士は私たちをとりまく環境を守っていくために、そして私たちが豊かに暮らしていくために必要不可欠な存在です。

縁の下の力持ち的な役割にはなりますが、たとえ目立たなくても社会を支えていきたいという気持ちを持てる人に向いているといえるでしょう。

几帳面で細かな作業も苦にしない人

環境計量士は、業務のなかでさまざまな情報を集めたり、分析結果などの数値やデータを扱う場面が多々出てきます。

結果はつねに正確な数値を出す必要があるため、おおざっぱに物事を進めてしまう人よりも、几帳面で、細かなところにまで気が付くようなタイプの人や、数字を扱うことを苦にしない人に向いているといえるでしょう。

一方、さまざまな現場に対応する柔軟性や、問題に対して向き合っていくなかで発想の転換などが求められることもあります。

ただ頭でっかちになるのではなく、その場の状況を理解して臨機応変に動いていくことも重要です。

環境を守る仕事に関わりたい人

環境問題は世界的なテーマであり、これから人類全体で取り組んでいかなくてはならない重要な問題でもあります。

また、環境に関連する法律の改正や新しいルールも誕生しているため、環境計量士はそうした新しい知識をつねに身につけていく必要があります。

新しい環境問題も続々と出ているなかで、自分で情報を集めたり、まだ身につけていないことを自主的に学ぼうとする姿勢が求められてきます。

したがって、環境に対して強い興味があり、環境を守っていくことを仕事にしたいという気持ちが強い人に向いている仕事だといえるでしょう。