環境計量士への転職

経験がある人は転職しやすい

環境問題がますます重要視される現代社会において、環境計量士の需要は高まっており、転職希望者向けの求人も多数出ています。

環境調査や分析を専門に行う企業はもちろんですが、最近では製造業などの企業でもこうした外部機関に依頼することなく、自社内で環境分析できる体制を整える企業も増えつつあるようです。

環境計量士としての活躍の場は徐々に広がっているといえるでしょう。

また、この仕事は日本全国で必要とされており、UターンやIターンの転職をする人もいるようです。

資格を持っていると優遇されることも

環境分析の仕事の求人では、「環境計量士の国家資格保持者は優遇」と記載されているものが多く見受けられます。

資格を持っていると基本給に加えて手当が支給されることもあり、企業側はできるだけ知識や技術を持っている人を採用したいことがわかります。

とくに年齢が30代なかばくらいになってくると、経験がより強く問われるようになります。

環境計量士の国家資格を持ち、計量管理者として対外折衝や人材育成、マネジメント業務なども含め幅広く活躍できる人材が求められてくるでしょう。

あまり経験がなかったり資格も持っていない人が転職を希望する場合には、できるだけ若いうちに転職活動を行ったほうが転職先の選択肢は広がるでしょう。

未経験からでもスタートできる?

環境分析の仕事に関連するさまざまな求人を見てみると、未経験者でも受け入れている企業はあるようです。

基本的に、分析業務そのものは法律で決められた方法に従って測定を行うため、マニュアル等がきちんと用意されていれば経験が浅い人でも分析を実施することは可能です。

なお、最初は派遣社員としてスタートし、実力がついてくると正社員になるような人もいます。

さまざまな働き方ができるため、経験や知識レベル問わず、この仕事に就ける可能性はあるといえます。