住宅設備メーカー社員として働くには(大学・学歴・学部など)

大学に進学しよう

住宅設備メーカーへの就職を考えている人は大学を卒業していることが最低条件になると考えていいでしょう。同じ枠で大学院修了者も募集されています。

技術職においては高専の卒業者もエントリーできることがあります。

技術系は専攻も問われる

技術職の採用は理系出身者に限られます。さらに部署によって専攻が指定されている場合がほとんどです。

たとえば金属材料系の技術開発を行う部署は化学系や材料系、生産管理を行う部署は管理工学系、情報系、数理・物理系といったように入職前に専門的な知識や技術をある程度身に付けていることが求められているというわけです。

研究開発系の部署は求められている専攻がかなり限定的ですが商品開発部門は比較的幅広い専攻から採用される傾向にあります。

事務職は学部学科不問

営業を始め、経理、人事、総務といった事務系の職種は文理問わず採用されています。事務職で採用された場合、ほとんどの場合、営業職に就くことになると考えていいでしょう。

学部や学科を問われないとはいえ、コミュニケーション能力が必須とされる職種であるため、在学中に部活動やサークル活動、留学、アルバイトなどで他者と協調して何かを成し遂げた経験はしておくべきです。

また理系出身の場合、専攻によっては住宅設備を扱うにあたって役立つ知識を習得できていることもあるため、採用の際には大きなアピールポイントになることもあります。

自動車運転免許は必須

業務上、自動車を運転する機会が多いため、運転免許を所持していることが求められます。応募時点では未取得でも入社までには必ず取得することが条件になっている会社がほとんどです。

時間に余裕を持って取得しておくようにしましょう。ちなみにAT限定でも問題ありません。